中学受験・国語 漢字・知識の勉強法

漢字が覚えられない、知識の問題が解けないというご相談を受けることがよくあります。たいていの場合、「勉強の方法」に問題があるケースがほとんどです。「かなり時間をかけて漢字練習をしています」という方もいらっしゃいますが、漢字の場合、ただ時間を書ければいいというものではありません。

今回は、国語の漢字・知識について、ダメな勉強法と、成績を上げるために守るべきルールをご紹介します。

ダメな勉強法

漢字ノートにただ書くだけ

漢字を覚えるのにただひたすら漢字をノートに書いているお子さんがいますが、これは全く意味がありません。漢字を覚えることができればいいわけですから、1回で覚えられるのならそれでいいですし、100回練習しても覚えていないのであれば100回書いた意味がありません。手がつかれるだけでしょう。

ことばの意味を調べてノートに書くだけ

ことばの意味を調べなさいというと、辞書で意味を調べてノートに書いているお子さんも多いです。意味を調べることはよいことです。ですが、それをただノートに写しているだけで、意味そのものを覚えていないのであれば、やる意味がありません。「書くだけ」では頭に入ってこないのですから。

問題を解いても赤で直して終わり

漢字や知識の問題を出題すると、答えを見て赤字で直して終わり、というお子さんも多いです。記号選択問題でもよくあることですが、ただ間違えたものを、赤で正解に変えただけでは意味がありませんよね。なぜ間違えたのか、に気づかなければいくら直しても頭の中の知識は定着しません。漢字も同じです。正解と見比べて、何が自分の字と違ったのか、きちんと把握しなければ直す意味がないのです。

成績を上げるために守るべきルール

暗記ものは短時間で夜覚える

漢字や知識といった暗記ものは、時間を区切って短時間で覚えたほうが効率が良いです。時間帯は朝でもいいですが、夜の方をお勧めします。人間の記憶は夜、寝ている間に定着すると言われていますので、夜、時間を区切って短時間で覚え、そして確認のために繰り返し自分でテストしてみましょう。

漢字は読みがな、送りがなもつける

漢字は覚えているのに、読みの問題で間違えたり、送りがなを間違えたりする子どもが少なくありません。漢字のテストの範囲を決め、テストで送りがなを少し変えて出題したことがあります。ただ丸覚えしてきた生徒は全滅でした。漢字の練習をする際には、漢字の読み方はもちろんのこと、送りがなも必ず書いて練習するようにしましょう。口に出して言いながら書くのも有効ですよ。

ことばの知識は文で覚える

ことばの知識は意味を調べて終わり、というお子さんも多いです。漢字練習と同じく、書いて終わりにしてはいけません。そのことばを使えるようになるためにも、必ず例文を作ってみましょう。そして、その例文そのものを意味を含めて覚えてしまいましょう。意味は最初は詳しくわからなくても、例文として覚えておけば、そのことばの意味がだいたいどういうものかイメージできます。読解問題を解くときにも役立ちます。

今回のまとめ

漢字、知識で点数が取れない方は、逆に大きく点数を伸ばすチャンスです。漢字や知識の得点は、効率よく勉強をすれば必ず点数が取れるようになります。入試問題でも避けて通れない道です。もう一度、勉強法を見直して、毎日習慣的にしっかり学習していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です