【古都鎌倉の人気校!】鎌倉女学院中学校の学校情報・評判、学校行事や制服についても徹底解説!

鎌倉女学院中学校は、神奈川県鎌倉市由比ヶ浜にある、私立女子中学校です。神奈川県内の私立女子校の中でも歴史が深く、創立は1904年に遡ります。

完全中高一貫校となっており、高校からの生徒募集は行っていません。

今回は、そのような鎌倉女学院中学校の、学校情報や評判についてご紹介します。

理念・校訓

鎌倉女学院中学校では、校訓として「真摯沈着」、「尚絅」を掲げています。

真摯沈着「どのような時代にあっても、しっかりした自己をもち、付和雷同することなく堅実に生きる女性であれ」という田辺先生の願いが込められています。

尚絅:「尚絅」は『中庸』にある「錦ヲ衣テ、絅ヲ尚ハフルハ、其ノ文ノ著シキヲ悪ム也」(錦というきらびやかな衣の上に絅という薄い衣をまといその美をかくす)という文を典拠としています。田辺先生はこの「尚絅」の語に自分に美点を誇らない謙譲の徳をもち、勤労に甘んじ恥を知り、責任感をもった女性こそ社会において優位な人間になりうると考えました。

鎌倉女学院|公式ホームページ

施設

鎌倉女学院中学校は、神奈川県鎌倉市由比ヶ浜二丁目に所在する学校です。JR横須賀線・江ノ島電鉄鎌倉駅より徒歩7分の場所に立地しています。

鶴岡八幡宮を見据える、鎌倉で最も大きな通りである若宮大路沿いに位置します。

正門から校舎へと続く道はプリンセスロードと呼ばれ、四季折々の花々が咲き乱れます。エントランスホールはプリンセスホールと呼ばれ、2階まで吹き抜けの開放的な空間が印象的です。

そのほかにも、約2万8千冊の蔵書を収納している図書館、キャリア教育の情報拠点となるラーニング・コモンズ型のキャリアルーム、生徒用のパソコンを完備するコンピュータ室など、生徒の学習を支えるための施設が充実しています。

鎌倉の本キャンパスの他にも、静岡県伊豆市に天城山荘と呼ばれる宿舎を構えます。基本的に日々の授業などは鎌倉の校舎で行われますが、豊かな自然に囲まれた鎌倉女学院天城山荘は、クラスごとの研修旅行や、クラブの合宿などで使われます。

そのほかにも、学校近く、銭洗い弁天の裏にある佐助農地では、様々な作物を育て、生徒たちは授業を通して収穫を体験します。

制服

鎌倉女学院中学校の制服は、私立女子校に多いセーラー服です。

当校のセーラー服は、まるで蝶のように広がる大きなスカーフが特徴的です。また、一般的なセーラー服では夏服の袖口にラインが入っていることが多いですが、ラインが一切入っていない、珍しいデザインとなっています。

学費

2020年度の中学1年生の納入金・年間の学費は、以下のようになっています。

  • 入学金:340,000円
  • 施設維持費:450,000円
  • 授業料:450,000円
  • その他:136,000円
  • 年学費合計:742,000円
  • 初年度納入金合計:1082,000円

学校生活

学校行事

鎌倉女学院中学校では、中学・高校の6年間を通して様々な学校行事が行われています。

6学年全体で参加する体育祭、文化祭といった、大規模な行事も活発に行われています。

校外フィールドワーク学習の一環として中学3年生では奈良・京都に、高校2年生は沖縄に訪れます。

国際色豊かな行事も充実しており、国際学講座、国際セミナー、ターム留学、海外姉妹校交流プログラム、カナダ英語研修、アジア研修をはじめとした、学校の外部にも積極的に目を向けることができるような機会がたくさん与えられています。

勉強だけではなく、学校行事も「全力で」取り組む経験が重要視されており、当校は特にキリスト教色の強い行事が多いことが印象的です。

部活動

鎌倉女学院中学校では、13の文化系クラブと、9つのの運動系クラブがあり、生徒は自分に合ったクラブを自由に選ぶことができます。

クラブでは、基本的に中学生と高校生は合同で活動し、活動日はクラブによってそれぞれ異なります。

一般的に、運動部と比べると文化部の活動はあまり盛んではないイメージがありますが、当校では文化部も活発に活動を行なっていることが印象的です。

例えば、他の学校ではあまり見られないようなマンドリンギター部、鎌女オーケストラ、競技かるた部などが有名です。

運動部:剣道部、体操部、卓球部、テニス部、ダンス部、バスケットボール部、バドミントン部、バトン部、バレーボール部

文化部:アニメまんが部、E.S.S.、演劇部、写真部、美術部、パソコン部、文芸部、マンドリンギター部、理科部、料理部、歴史研究部、鎌女オーケストラ、競技かるた部

カリキュラム

鎌倉女学院中学校は完全中高一貫校であるため、高校からの入学は受け付けていません。

当校のカリキュラムは、中高一貫校ならではの、6年間を通した計画的な教育課程が特徴的です。中高の6年間は、大まかに中学の3年間・高校の3年間とに分けられます。

中学校3年間では、将来に向けて、基礎学力をしっかり身につけることを第一の目標としています。国語・数学・英語といった主要科目の授業時間を多めに取り、日々の指導の中で着実に実力を養成していきます。

それに対して、高校3年間は「自己の可能性に挑戦する3年間」と称されています。高校2年生からは文系・理系コースとに分かれ、自分の興味関心に沿って選択科目などを選んでいきます

入試情報

基本データ

一般入試

帰国入試

応募状況

1次試験

2次試験

満点・受験者平均点・合格者平均点・合格者最高点・合格者最低点

進学実績

2020年度卒業生:168名  

表示形式:合格者数(うち現役合格者数)

試験時間・満点

学校説明会日程

◎2020年度開催日

  • 10月17日(土):午前・午後回学校説明会
  • 10月18日(日):午前・午後回学校説明会
  • 11月10日(火):午前・午後回学校説明会
  • 11月14日(土):学校説明会
  • 11月17日(火):午前・午後回学校説明会
  • 11月24日(火):学校説明会

会場:鎌倉女学院中学校

まとめ

今回は、鎌倉女学院中学校の学校情報や評判についてご紹介しました。中学受験ナビでは、ほかにも様々な学校の情報についての記事を豊富に取り揃えています。

自分の気になる学校の記事は必ずチェックしましょう!

おすすめ記事

参考

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは。東京大学教育学部の福久はなです。 中高一貫の女子校出身で、中高6年間でバトントワリングというスポーツに熱中していました。大学受験を経て東京大学文科3類に入学してからは、大学から始めたダンスや、塾講師や家庭教師のアルバイトに打ち込んでいます。休日は友人とカフェ巡りをしたり、ショッピングをしたりなど外に出ていることが多いです。大学では教育学部に在籍しており、教育財政や教育経営などについて学んでいます。趣味は旅行で、夏休みや春休みなどの長期休みを利用して様々な国に旅に出ています。大学は高校時代に比べて長期休みの期間が長いので、海外など遠出の旅行をするのには絶好の機会です。世界史の教科書で見ていたような建築を実際に目にしたときには、なんとも言えない感動があります。これから私の中学受験・大学受験を含めた学習経験をもとに、皆さんの役に立つような、面白くて分かりやすい記事を書いていきます。 よろしくお願いします!