英文法を基本から!直接話法と間接話法の違いとその応用について【詳しい例文付き】

今回は、話法について学びます。

直接話法と間接話法の違いを理解した上で、間接話法の応用形としての「感嘆文」や「従属節を含む文」を見ていきましょう。 

直接話法と間接話法の違い

まずは直接話法と間接話法の違いについてです。

直接話法とは、発言をそのまま引用します。一方で、間接話法は、伝える人が言い直します。以下、例文です。 

  • ①I said, “I am interested in gospel music.”
    私は「ゴスペルに興味を持っています」と言った)
  • ②I said (that) I was interested in gospel music.
    私は、自分がゴスペルに興味を持っていると言った) 

直接話法を用いている①では、発言したことをそのまま引用しているので「“”」マークをつけています。そして「ゴスペルに興味を持っている」のは「現在のこと」だったので、動詞は現在形になっています。

一方の間接話法の②では、時制の一致によって動詞が過去形になっています。なぜなら現在から見た過去のこととして言い直しているからです。 

続いての例文では、人称代名詞に注目してみましょう。 

  • ①He always says, “I don’t like my hometown.”
    彼はいつも「私は故郷の町が好きではない」という) 
  • ②He always says (that) he doesn’t like his hometown.
    彼はいつも、自分の故郷の町が好きではないと言う) 

直接話法の①では、「彼」の発言(=「私は故郷の町が好きではない」)をそのまま引用しているので、「I」my」は彼が自分のことを言っていることになります。

一方の間接話法の②では、「彼」の発言を、伝える人の視点で言い直しているので、発言内容の文章は「he」「his」が使われます。 

「say」「tell」の使い方の違い

続いての例文では、「say」「tell」の使い方の違いを見ていきます。 

  • ①He said to me, “I want you to join the game.”
    彼は私に「私は君に試合に参加してほしい」と言った) 
  • ②He told me (that) he wanted me to join the game.
    彼は私に、試合に参加してほしいと言った) 

「◯◯が〜と言った」のように誰かの発言を伝えるときは、動詞は「say」「tell」を用います。

say」の場合は、①のように「say + to +人」とするか、これを省略してそのまま発言内容を続けることもできます。 

  • She said, “My computer has been broken.”
    彼女は「私のコンピューターが壊れちゃった」と言った)
  • She said (that) her computer has been broken.
    (彼女はコンピューターが壊れてしまたtと言った) 

tell」の場合は②のように、「tell +人」と伝える相手を示す必要があります。つまり、「He told that…」のようにはなりません。 

時や場所などの表現方法

続いて、時や場所などの表現方法について見ていきます。

直接話法と間接話法とでは、時や場所などの表現方法や指示語が異なります。

以下の表に、違いをまとめたのでチェックしましょう。 

直接話法 

間接話法 

this 

that  

these  

those 

here 

there 

today 

that day 

yesterday 

the day before / the previous day 

tomorrow 

the next day / the following day  

now 

then 

last night 

the night before 

next week 

the next week 

…ago 

…before 

 疑問文

続いて疑問文を見ていきます。 

  • ①He said to me, “Where do your parents lives?”
    彼は私に「あなたの両親はどこに住んでいるの?」と言った) 
  • ②Hasked me where my parents lived.
    彼は私に、私の両親がどこに住んでいるのか尋ねた) 

間接話法にすると、②のようにask+人+疑問詞+SVという形になります。

もし疑問詞自体が主語として働く場合は、ask+人+疑問詞+Vになります。 

My boss asked who had called him up that morning.
(私の上司は誰がその朝彼に電話をしたのか尋ねた) 

 

  • ③He said to me, “Are you hungry?”
    彼は私に「君はお腹が空いてる?」と言った) 
  • ④He asked me if [whether] I was hungry.
    彼は私におなかが空いているかどうか尋ねた) 

上記の例文のyes/no疑問文を、間接話法を使って表現すると、「〜かどうか」という意味の「if[whether]」を用いて、ask+人+if[whether]+SV」という形になります。 

 命令文

続いて、命令文を見てみましょう。 

  • ①My mother said to me, “Do your homework.”
    母は私に「宿題をしなさい」と言った) 
  • ②My mother told me to do my homework.
    母は私に宿題をするように言った) 

直接話法の①に対して、間接話法の②ではtell+人+to doという形になります。

話す相手に行動を求めるので、to不定詞を使って「〜するように」という意味にします。

また、「〜するな」と禁止を表す命令文の場合は、tell+人+not to doになります。 

  •  He told me not to give up my dream.
    彼は私に、夢をあきらめないように言った) 

さらに、相手に何かを依頼するような命令文はask+人+to doになります。 

間接話法She asked me to call back after lunch.(彼女は私に、昼食後に電話をかけ直すように頼んだ) 

直接話法She said to me, “Please call back after lunch.”(彼女は私に、「昼食後に電話をかけ直してください」と言った) 

 提案や勧誘

続いて、提案や勧誘を表す文を見ていきます。 

  • ①He said to me, “You should buy this dictionary.”
    彼は私に「この辞書を買うべきだよ」と言った) 
  • ②Hadvised me to buy that dictionary.
    彼は私にその辞書を買うように助言した) 

直接話法の①に対して、間接話法の②では、相手に何かを提案したり忠告したりする動詞の「advise」を用いて「advise+人+to do」の形になります。

また「Lets do…」Shall we…?」のような勧誘を表す場合は、間接話法では「suggestto+人)that S (should) do…」の形になります。 

直接話法:She said to me, “Let’s go out for a walk.”(彼女は私に「散歩に出かけましょう」と言った) 

間接話法She suggested to me that we (should) go out for a walk.(彼女は私に、散歩に出かけることを提案した) 

 感嘆文

続いて感嘆文の場合を見ていきます。 

  • ①She said to me, “How noisy your motorcycle is!”
    彼女は私に「あなたのバイクったらなんてうるさいの!」と言った) 
  • ②She complained about how noisy my motorcycle was.
    彼女は、私のバイクはなんてうるさいのかと文句を言った) 

直接話法の①に対して、間接話法の②では「complain(文句を言う)」という動詞を使い、人称代名詞が「my」に変化して、be動詞が「was」に変化しています。

他にも「cry」「exclaim」などの感情を表現する動詞を用います。 

従属節を含む文

続いて従属節を含む文を見ていきます。 

  • ①Bill said, “I don’t know when Kate will arrive here.”
    ビルは「ケイトがいつここに着くのかわからない」と言った) 
  • ②Bill said (that) he didn’t know when Kate would arrive there.
    ビルは、ケイトがいつそこに着くのかわからないと言った) 

伝える発言(この場合は「ケイトがいつここに着くのか分からない」)が、接続詞や関係詞を使った節を含む場合、従属節の動詞も適切な形に変化させます。

間接話法の②では、過去の話なので、従属節の時制も過去形にします。過去から見た未来を言っているため「will」が「would」に変化します。 

等位接続詞で結ばれた文

続いて、「and / but」などの等位接続詞で結ばれた文の場合を見ていきます。 

  • ①The man said, “I arrived here yesterday, and I will stay for three days.”
    その男は「私は昨日ここに着いて、3日間滞在するつもりだ」と言った) 
  • ②The man said (that) he had arrived there the day before, and that he would stay for three days.
    その男は、その前日にそこに着いて、3日間滞在するつもりと言った) 

間接話法の②では、赤文字部分を見てわかるように、再びthat節を用います。

最初のthatは省略できますが、後ろのthatは省略をしないのが普通です。 

 最後に

いかがでしたか?

直接話法は、“セリフの話し手”の言ったこと加えずに引用した表現方法。

間接話法は、“伝え手”の立場からセリフの部分も含めた文全体を言い直す表現方法です。

ですので、間接話法は時制や、時、場所、指示語を変化させる必要があるので気をつけましょう。 

【参考文献】
石黒昭博, 2016, 「総合英語Forest」桐原書店 

おすすめ記事

参考