英文法を基本から!名詞構文の仕組みと無生物主語の表現方法について【詳しい例文付き】

今回は、名詞構文無生物主語について学びます。

名詞構文とは、動詞か形容詞を名詞に置き換えて、その周りに必要な要素を付け加えて名詞中心に作られたものです。

無生物主語とは、人や動物以外の「無生物」を主語にして「何かが人に〜させる」という意味を表します。

名詞構文の仕組み

〈主語+動詞〉の関係

  • We are pleased with the news of his success in business.
    (私たちは彼の仕事での成功の知らせに喜んでいます)

上の文章は〈主語+動詞〉の関係の名詞構文です。書き換えれば、

He succeeded in business.という文章のHeを所有格のhisにして、動詞のsucceedを飯系のsuccessにしています。この所有格hisが、意味上の主語となっています。

名詞で表されている行為を誰(何)がするのかを〈of+名詞〉で表現することもあります。

  • The judgement of the committee was accepted by the cabinet.
    (委員会が下した判断は内閣に受け入れられた)

〈主語+動詞+目的語〉の関係

  • The scientist reported his discovery of a new virus.
    (その科学者は、彼が新しいウイルスを発見したことを報告した)

上の文章は〈主語+動詞+目的語〉の関係の名詞構文です。

書き換えればHe discovered a new virus.という文章の、主語Heを所有格のHisに、動詞のdiscoverを名詞形のdiscoveryにしています。

またdiscoverの目的語である「a new virus」を、「of a new virus」という形で続けます。

ここでポイントです。他動詞の名詞形の後に目的語を続けるときに、of以外の前置詞を用いることが可能です。

  • We are looking forward to your attendance at the meeting.
    (あなたがその会議に出席することを楽しみにしています)
  • This is my first visit to Spain.
    (私がスペインに訪れたのはこれが最初です)

また、もう一つ注意ポイントは、意味上の主語を示さない場合もあるということです。

  • The doctor made a careful examination of my eyes.
    (医者は私の目を注意深く診察した)

この文のように、行為(この場合はexamine)をする主語にあたるものが、文の主語を同じ場合は、名詞形の前に意味上の主語を置く必要はありません。

〈主語+be動詞+形容詞〉の関係

  • Nobody noticed my absence from the club meeting.
    (私がクラブミーティングに出ていなかったことにだれも気づかなかった)

上の文章は〈主語+be動詞+形容詞〉の関係を含む名詞構文です。

my absence from the club meetingはI was absent from the club meetingを名詞化したものです。

主語のIが、意味上の主語として所有格myになり、形容詞のabsentは名詞形のabsenceになっています。

名詞を中心とした表現

  • ①My father is a safe driver.
    (私の父は安全運転をする)
  • ②We had a chat in the coffee shop.
    (私たちはその喫茶店でおしゃべりをした)

人の技術や能力を表すのに①のa safe driverのように名詞を中心とした表現を使うことがあります。

Driveという動詞を使うと、my father drives safely.となるので、safelyという副詞を伴います。以下、同じような例文です。

  • She is a good singer.(=She sings well)(彼女は歌が上手だ)
  • He is a good cool.(=He cooks well)(彼は料理が上手だ)

〈have/take/make/giveなど+名詞〉の形で「動作」を表しているのが例文②です。

Have a chatで「おしゃべりをする」という意味になり、chatは動詞として使われることもありますが、この文章でのchatは名詞として使われています。

以下、その他の例文です。

  • Let me have a look at the phone.(その写真をちょっと見せてください)
  • I made a mistake.(間違えてしまった)
  • He gave a cough.(彼はせきをした)
  • You’ve made quick progress in English.(君は英語が急速に上達した)
  • He made the wrong choice.(彼は誤った選択をした)
  • Let’s give it a try.(やってみよう)

無生物主語の仕組み

続いて、人や動物以外の無生物を主語にする表現方法を見ていきます。

  • ①The bad weather made us cancel the game.
    (悪天候のために、ぼくらは試合を中止した)
  • ②My part-time job allows me to save a lot of money.
    (アルバイトのおかげで、私はお金をたくさん貯めることができた)

例文①の〈make+O+動詞の原形〉で、「Oに〜させる」という意味になります。

①を直訳すると、悪天候がぼくらにその試合を中止させた」になります。

これを「ぼくら」を中心に解釈すると、「悪天候を理由に、ぼくらが試合を中止した」とより自然な訳しになります。同じように〈cause/force+O+to不定詞〉も「Oに〜させる」という意味を表します。

①のmakeとは違い、動詞の原形ではなくto不定詞を使うことに注意しましょう。

例文②では〈allow+O+to不定詞〉で「Oが〜することを許す・Oに〜させておく」という意味になります。

似たような表現で〈enable+O+to不定詞〉も「Oが〜できるようにする」という意味を表します。

  • His advise enabled me to overcome the hardship.
    (彼の助言のおかげで、私は困難を克服することができた)

【注意ポイント】

使役動詞にはmake以外に、let/have/getがありますが、無生物主語ではmakeのみを使うことができます。

let/have/getの場合は人を主語にします。(ただしletは無生物主語で使われる場合もあります)

「何かが〜をさせない」という表現

  • ①A helmet keeps you from hurting your head.
    (ヘルメットをかぶっていれば、頭を傷付けずに済む)
  • ②The traffic jam prevented us from arriving on time.
    (交通渋滞のせいで、私たちは時間通りに到着できなかった)

例文①では「Oに〜させない」という意味の〈keep+O+from-ing〉が使われています。

直訳すると「ヘルメットはあなたにあなたの頭を傷付けさせない」になります。

しかしyouを中心に解釈するので「ヘルメットをかぶっていれば、頭を傷付けずに済む」となります。

例文②では〈prevent/stop+O+from-ing〉という表現が使われ「主語がOに〜させない」という意味になります。直訳すると「交通渋滞が私たちに時間通りに到着させなかった」となります。

しかしusを中心に解釈するので「交通渋滞のせいで、私たちは時間通りに到着できなかった」となります。

無生物主語の表現方法

「tell」

はじめに「tell」を使った表現です。無生物主語の次にtellが続くと、「(情報など)を示す」という意味になります。

  • This meter tells you the temperature in Fahrenheit.
    (このメーターは温度を華氏で示します)

「show」

次に「show」は、「(事実や情報など)を明らかにする」という意味になります。〈show+that節〉では「〜ということを証明する」という意味にもなります。

  • This graph shows a sharp rise in princes.
    (このグラフから、物価の急騰は明らかです)
  • His smile shows (that) he is in love with Lucy.
    (彼の笑顔から、彼がルーシーに恋をしていることが明らかです)

「say」

次に「say」は「〜と書いてある」という意味になり、本や掲示などを主語にします。

  • The sign says (that) smoking here is not permitted.
    (その標示には、ここでの喫煙は禁止、と書いてあります)

「take/lead」

次に「take/lead」を用いた表現です。〈道+take/lead+O+to〜〉の形で「道がOを〜へ連れていく(導く)」という意味になります。

  • This road takes you to the station.
    (この道を行けば駅に着きます)

上の例文を直訳すれば、「この道があなたを駅へ連れて行きます」ですが、自然な訳し方にするために「(あなたが)この道を行けば駅に着きます」と訳します。

「bring」

「連れてくる」という意味でbringを使うときもあります。

出来事・乗り物・道・もの・時間などを主語にして〈主語+bring+O+to~〉の形になります。

  • The dunes bring lots of tourists to Tottori.
    (砂丘があるので、多くの観光客が鳥取を訪れる)

「save」

次に、「(〜する労力・時間・資源など)を省く」という意味で使う「save」を見ていきます。

  • The new dishwasher will save you a lot of water.
    (この新しい皿洗い機を使えば、たくさんの水を節約できるでしょう)

「cost」

最後に「cost」についてです。「〜を払わせる/〜を犠牲にする」という意味で、金銭以外の事柄にも使います。

  • The hard work cost him his health.
    (きつい仕事で、彼は健康を損なった)

最後に

今回は、名詞を中心に構成される名詞構文と、人や動物以外が主語になる無生物主語について習いました。

それぞれ、重要な表現方法なので、しっかり復習しましょう。

【参考文献】
石黒昭博, 2016, 「総合英語Forest」桐原書店

おすすめ記事

参考