英文法を基本から!準否定語から二重否定まで様々な否定の表現について【詳しい例文付き】

今回は、否定について学んでいきます。

まずはよく使われる否定語の「not/never/no」を見ていきましょう。

続けて「ほとんど〜ない」「めったに〜ない」という準否定語や、「完全に〜というわけではない」という部分否定についても学びます。

その他にも否定を表す語を2つ重ねると肯定の意味になる二重否定というのもあります。  

not/never/no

「not」

  • ①We do not come to school by train.
    私たちは電車で学校に通っていない)
  • ②My teacher told me not to wear earrings.
    先生は私にイヤリングをしないようにと言った) 

まずは「not」で述語動詞を否定する①の例文を見てみましょう。

come」という述語動詞を否定したいので、〈donot〉になります。もし主語が3人称単数であれば〈doesnot〉に、過去の話であれば〈didnot〉になります。

以下、ルールをまとめておいたので覚えておきましょう。 

  • be動詞+not
  • do/does/did not+動詞の原形
  • 助動詞+not+動詞の原形

続いて②の例文を見ると、「not」が「to wear earrings」という句を否定しているのが分かります。

ここでは「イヤリングをすること」を否定したいのであって、「先生が私に言った」ことは否定されていません。

特定の語・句・節を否定したい時は、否定したいその語・句・節の直前にnotを置きます。以下、例文です。 

▶語を否定したい場合 

David is American, not British.
デービッドはアメリカ人で、イギリス人ではない) 

▶︎句を否定したい場合 

She comes from Canada, not from Germany.
彼女はカナダ出身で、ドイツ出身ではない) 

▶︎節を否定したい場合 

She loves him not because he is handsome, but because he is warm-hearted.
彼女は彼がハンサムだからではなく、心が温かいから愛しているのです) 

 「never」

  • ③I will never ride a roller coaster again.
    もう二度とジェットコースターには乗らない) 

「一度も〜ない」という意味を表したい時は「never」を用います。

③の例文を見てわかるように、助動詞が含まれる場合は〈助動詞+never+動詞〉の語順になります。 

▶︎be動詞の場合は〈be動詞+never 

He is never at home.彼はいつも家にいない) 

▶︎be動詞以外の一般動詞の場合は〈never+動詞〉 

Inever snows on island.その島では決して雪が降らない) 

また「never」は完了形で使われると、「1度も〜ない」という経験の意味を表します。 

  • I have never seen such a rude man.
    そんな失礼な男に今まで1度も会ったことがない) 

「no」

  • ④There were no children in the park.
    公園には子どもが人もいなかった)
  • ⑤Building a house is no simple task.
    家を建てるということは、決して簡単なことではない) 

「まったく〜ない」「1人も〜ない」という強い否定を表したい時は「no」を用います。

④の場合は、「children(子ども)」が1人もいないことを否定したいので、「children(子ども)」という名詞の前に「no」を置きます。数えられない名詞にも数えられる名詞にも使うことができます。

また主語にnoがつくと、主語が否定されるばかりでなく、結果的に文全体の内容が否定されることになります。これを全否定といいます。 

  • No students are allowed to enter this room.
    いかなる学生もこの部屋に入ることは許されていない) 

上の例文のように〈no+名詞〉と同じような働きをする語句があります。「nobody」「nothing」などです。

したがって、Nobody is allowed to enter this room.(だれもこの部屋に入ることは許されていない)という文が出来上がります。この場合は単数扱いなので、気をつけましょう。 

さらに⑤の例文を見て分かるように、〈形容詞+名詞〉(⑤の例文だとsimple task)やbe動詞の補語となる名詞の前に置かれると、「決して〜ない」という意味の強い否定になります。 

否定後の位置

  • ①I don’t think that he is so talented.
    私は彼にそれほどの能力があるとは思えない)
  • ②I hope that it won’t rain tomorrow.
    明日雨が降らないといいんだけど) 

主語の意思や判断を表す動詞(=think, believe, suppose)の後ろにthat節や語句がある場合は、最初の動詞を否定することが多いです。

したがって①では、that節ではなくて、「thinkを否定しています。

一方で、②のようにthat節の中の動詞を否定する場合もあります。例えば「hope」「be afraid」などの場合は、that節を否定形にします。 

準否定語

今まで習った「no/not/never」は、文や語句を完全に否定します。

一方で「ほとんど〜ない」「めったに〜ない」という意味を表す準否定語というものがあります。以下、準否定語の一覧です。 

  • hardly / scarcely : 程度がほとんどない
  • rarely / seldom : 頻度がほとんどない
  • few / little : 数や量がほとんどない
  • ①I could hardly understand what he was saying.
    私は彼が言っていることがほとんど理解できなかった)
  • ②The injured child could scarcely walk.
    怪我をしたその子どもは、ほとんど歩けなかった)
  • ③I rarely listen to classical music.
    私はめったにクラシック音楽を聞きません) 
  • ④England has seldom won the World Cup.
    イングランドがワールドカップで優勝することはめったになかった) 
  • ⑤Few students handed in the homework.
    宿題を提出した生徒はほとんどいなかった) 
  • ⑥I had little time to buy a present for her.
    彼女へのプレゼントを買う時間はほとんどなかった) 

まず①と②で使用されている「hardly」scarcely」は「ほとんど〜しない」という副詞です。

次に③と④では「めったに〜しない」という意味の「rarely」「seldom」という副詞が使用されています。

そして⑤の「few」は数えられる名詞の前に置かれる形容詞で、⑥の「little」は数えられない名詞の前に置かれる形容詞です。

もしa few」「a little」のように「a」をつけると、否定の意味が消え、「少しはある」という意味になります。 

部分否定・全否定

  • ①All of the members attended the meeting.
    会員の全員が会議に出席した) 
  • ②Not all the members attended the meeting.
    会員の全員が会議に出席したというわけではなかった) 
  • ③None of the members attended the meeting.
    会員はだれも会議に出席しなかった) 

部分否定とは、「完全に〜というわけではない」という意味を表します。

②の例文は、①の文頭に「not」が置かれ、①の内容が否定されています。つまり「会員の全員が会議に出席した」を否定して、「全員が出席した+というわけではない」という意味になります。

③は全否定の文になります。①の「All」の代わりに「None」が置かれていますが、この「None」は「だれも(何も)ない」を表すので、「だれも出席しなかった」という意味になります。 

二重否定

  • ①He never visits us without bringing a gift.
    彼は私たちのところに訪ねてくる時には、必ずおみやげを持ってきてくれる) 
  • ②It’s not unusual for couples to quarrel.
    夫婦が口喧嘩をするのは珍しいことではない) 

否定を表す語が2つ重なると、肯定の意味になります。

①では、「never」「without」と2回否定されています。「〜なしで…することはない」→「おみやげなしに、私たちを訪れることはない」という意味です。

つまり結果的に、「訪ねる時は必ずおみやげを持ってくる」という肯定の意味になるのです。

の場合は「unusual(珍しい・ふつうでない)」の前に「not」があることで、二重否定になっています。「珍しいことではない」→つまり「よくあることだ」という意味合いになります。 

 最後に

いかがでしたか?

今回は否定語「no/not/never」の他にも、「hardly/rarely/little/few」などの準否定語や全否定、部分否定、二重否定など、様々な否定の表現を見てきました。

定語の位置に気をつけながら、今後問題を解いていくようにしましょう。 

 

【参考文献】
石黒昭博, 2016, 「総合英語Forest」桐原書店 

 おすすめ記事

参考