英文法を基本から!英語の文に存在する「語順ルール」を理解しよう!

英語の文には語順のルールがあるのをご存知ですか?英語学習の上で、この語順をきっちり理解することはとても重要になります。

日本語の文の場合は、比較的語順は自由です。例えば「彼女はプレゼントを買ったんだ、弟にね」と言うこともできますし、「弟にプレゼントを買ったんだよ、彼女は」と言うこともできます。

しかし英語の文では、〈主語+動詞+その他の要素〉という語順のルールが決まっています。

今回は、その語順のルールに気をつけながら、①平叙文②疑問文③命令文④感嘆文の4種類を見ていきましょう。

平叙文

平叙文は単に情報を伝える時の文で、命令や疑問をする時には使いません。早速例文を見てみましょう。

  • a) She is a high school student. (彼女は高校生です)
  • (b) She is not a college student. (彼女は大学生ではありません)

上記の(a)を見てわかるように、〈主語(She)+動詞(is)+その他の要素(a high school student)〉という語順のルールに則っていますね。これが平叙文の肯定文です。ちなみに今回使われている「is」は「be動詞」と呼ばれます。

「am」「are」「is」などの 「be動詞」のあとに「not」を付け加えると、今度は平叙文の否定文になります。その例が(b)の文章です。〈主語(She)+動詞(is)+not+その他の要素(a college student)〉という語順になっていますね。

では、be動詞以外の動詞の時はどうなるのでしょうか?

  • (c) We go to school.(私たちは学校へ行く)
  • (d) We do not go to school.(私たちは学校へ行かない)

まず上記の(c)は平叙文の肯定文です。ここでも〈主語(We)+動詞(go)+その他の要素(to school)〉という語順のルールになっています。

では否定文になるとどうなるか。be動詞以外の動詞は、〈do / does / did not +動詞の原型〉というルールがあります。

なので(d)の例文では、〈主語(We)+do not+ 動詞の原型(go)+その他の要素(a college student)〉という形になっています。

ちなみに助動詞(can, will shouldなど)を含む場合は、〈助動詞+not〉という語順になります。

疑問文

疑問文を見ていきましょう。疑問文には2つ種類があります。

Yes/No疑問

1つ目はYes/No疑問です。これは答えがYes(はい)もしくはNo(いいえ)で答えられる疑問文です。例文を見てみましょう。

  • (e)Are you a teacher? – Yes, I am. (あなたは先生ですか?―はい、そうです)

まず(e)の例文では、be動詞が先頭にきています。平叙文では〈主語+be動詞〉という順番でしたが、疑問ではこれが逆になり、〈be動詞+主語〉という順番になります。答える時は、YesかNoのあとに〈主語+be動詞〉を続けます。

  • (f)Do you like apples? – Yes, I do. (りんごが好きですか?―はい、好きです)

次にこちらの例文では、be動詞以外の動詞を含んでいるので、語順は〈Do/ Does / Did +主語+動詞の原形〉になります。答える時は、YesかNoのあとに〈主語+do / does/ did〉を続けます。

  • (g)Can you play the guitar? – Yes, I can. (ギターを弾けますか?―はい、弾けます)

最後に助動詞を使った例文です。これも先頭に助動詞を持ってくるのがルールで、〈助動詞+主語+動詞の原形〉という語順になります。答える時は、YesかNoのあとに〈主語+助動詞〉を続けます。

疑問詞を使った疑問文

疑問文のもう1つの種類は、疑問詞を使った疑問文です。

疑問詞には「what(なに)」「who(だれ)」「when(いつ)」「where(どこ)」「why(なぜ)」「how(どのように)」があり、具体的な情報を求める時に用いる表現です。

  • (h)What do you eat in the morning?(朝になにを食べますか?)
  • (i) When will she come home?(彼女はいつ帰ってくるの?)

上の2文で、赤字になっている部分が疑問詞です。その疑問詞のあとには、〈be動詞 / do / does / did / 助動詞〉が続きます。なので、(h)の文では〈疑問詞(what)+ do +主語(you)〉という語順になっています。

一方で、疑問詞が主語になる場合は、〈疑問詞+動詞〉という語順になります。

  • (j)Who painted this picture? (だれがこの絵を描いたの?)

上の例文では、赤字になっているwhoという疑問詞が主語の役割を担っています。疑問詞を使った疑問文には、Yes / Noで答えることはできません。具体的な答えを提示するか、「I do not know. (わからない)」と答えます。

選択疑問文

もう1つ、疑問文の応用として選択疑問文というものがあります。

「Aですか、それともBですか」と、相手に複数の選択肢の中から選んでもらう時に使います。

  • (k)Did you come here by bicycle or train? (ここまで自転車で来ましたか、それとも電車で来ましたか?)

上の例文では、自転車か電車かという2つの選択肢を聞いています。この時に用いるのは赤字の部分の「or」です。「A or B」で、「Aですか、それともBですか」という意味になります。

命令文

次は命令文についてです。「気をつけて!」「心配しないで!」「静かにしなさい!」など相手に何か行動を要求する時に使います。

必ず、動詞の原形を先頭で使うことがルールで、主語を先頭に持ってくることはありません。

  • (l)Be careful! (気をつけて!)
  • (m)Open the window!(窓を開けて!)

上記の例文の赤字の部分を見てわかるように、先頭に動詞の原形がきています。

「〜するな」という禁止の意味にしたいときは、先頭に「Do not」をもってきます。

  • (n)Do not worry!(心配しないで!)

上記を見て分かるように、〈Do not +動詞の原形(worry)〉という語順がルールです。

感嘆文

最後に感嘆文についてです。なにかに感動したり、強い印象を受けたりしたときに使う表現です。

感嘆文では主に「What」「How」を文頭に用いて、文末には感嘆符(!)をつけます。

  • (o)How kind he is!(彼はなんて優しいのでしょう!)

形容詞の意味を強調したいときは「how」を用いて、〈How+形容詞+主語+動詞〉という語順にします。上記の例文をこのルールに当てはめると、〈How+形容詞(kind)+主語(he)+動詞(is)〉となっていますね。

もし形容詞ではなくて、副詞の意味を強調したいときは〈How+副詞+主語+動詞〉という語順になります。

  • (p)What a beautiful picture this is!(これはなんて美しい写真だろう!)

こちらの例文では「美しい写真」という「形容詞+名詞」の意味を強調する文になっています。このようなときは、「what」を文頭に持ってきます。〈What (a/an)+形容詞+名詞+主語+動詞〉という語順です。この場合は「美しい写真」と数えられる名詞なので、「a」を用いていますが、名詞が数えられなかったり、複数形だったりすれば、冠詞(a / an)は入れないというのが決まりです。

下記が冠詞を入れないバージョンの例です。

  • (q)What expensive clothes he has!(彼はなんて高価な服を持っているんだ!)

ここで例外を紹介します。感嘆文では〈主語+動詞〉を省略する場合もあるので注意してください。例文は以下の通りです。

  • (r)How strange!(変だなぁ!)
  • (s)What a nice day!(素敵な日だ!)

命令文にも応用編があります。まずは「please」を加えた文を見てみましょう。

  • (t)Close the door, please. (ドアを閉めてください)

上記の例文では赤字の「please」を加えることによって、やや丁寧な表現にすることができます。例文では文尾に付け加えていますが、「Please clothe the door」のように文末に「please」を持ってくることも可能です。

次に「will you?」をつけ加えて、依頼をする文を見てみましょう。

  • (u)Pass me the pencil, will you?(えんぴつをとってくれません)

赤字の「will you?」を文末につけ加えていますね。一方で「won’t you?」をつけ加えると、「ぜひ〜してもらいたい」というニュアンスになります。

最後に「let’s…」を使った文を見てみましょう。

  • (v)Let’s go to the park. (公園に行こう)

〈let’s + 動詞の原形〉で「〜しよう」という提案や勧誘を表現しています。

演習問題

coming soon…

最後に

ここまで基本的な語順のルールを説明しました。

疑問になるとbe動詞と主語の語順が逆転したり、命令文だと必ず動詞の原形が先頭にきたりと、日本語と違って、英語はきっかりと語順が決まっています。

今一度、今回紹介した4種類の文の形のルールを頭に叩き込んで、問題を解くときには語順に気を配るようにしましょう!

続きは、こちらから。

おすすめ記事

参考