英文法を基本から!「受動態」・「能動態」の違いと受動態のさまざまな形

今回は、受動態という単元に入ります。

受動態とは、主語がなんらかの影響を受けていることを表します。つまり「受け身」の状態ということです。

まずは、今まで習ってきた能動態と比較して、どのような違いがあるのを確認した上で、受動態の基本ルールを学んでいきましょう。

受動態にももちろん助動詞を使う場合や、進行形や完了形、否定文、疑問文になる場合があります。

受動態と能動的の違い

最初に、能動態と受動態の違いを理解しましょう。

  • ① The storm damaged the crops.(嵐が農作物に損害を与えた)
  • ② The crops were damaged by the storm.(農作物は嵐によって損害を受けた)

まず①の例文は、影響を与えるもの(=嵐)を主語に置き、その後ろに動詞と目的語がきます。これが今まで習ってきた能動態の文章です。一方で②の例文は、影響を与えられたもの(=農作物)が主語になっています。

つまり受動態は「誰か(何か)が〜される」という意味になり、《「される側」+be動詞+過去分詞(by「する側」)》という構造文になります。

能動態と受動態の使い分けのポイントは、「話題の中心になっているのはどちらか」ということです。違う例文を見てみましょう

  • ③ My father repaired this car.(父がこの車を修理した)
  • ④ This car was repaired by my father.(この車は父によって修理された)

例文③では、話題の中心になっているのは「父」なのでこれは能動態になります。一方で例文④の話題の中心になっているのは「修理を受けた“車”」です。よって「車」を主語に持ってくると、受動態になります。

「〜によって」という行為者を表したいときは、「by〜」を使います。もし行為者が分からない場合は、この「by〜」はなくて大丈夫です。

受動態のさまざまな形

ここからは「助動詞」「進行形」「完了形」「否定文」「疑問文」の受動態を見ていきましょう。

助動詞

  • This book can be borrowed from the library.(この本は図書館から借りられる)

赤文字部分のように「助動詞+be+過去分詞」という形で、助動詞の受動態を作ることができます。もし「〜されるだろう」のように未来のことを受動態で表したいときは「will+be+過去分詞」という形になります。

進行形

  • The new house is being built now.(新しい家は現在建設中だ)

「〜されているところだ」と主語が今現在も何かされている(動作を受けている・影響を受けている)途中の場合は、進行形の受動態を使います。「be動詞+ing形」の形で表します。もし進行形の受動態にしたい場合は「be動詞+being+過去分詞」の形にして、「今現在、…は〜されているところだ」という文章を作ることができます。

完了形

  • This song has been sung by a lot of singers.(この歌は多くの歌手によって歌われてきた)

完了形の受動態は「have(has/had)+been+過去分詞」の形で表すことができます。

否定文

  • His name was not found on the list.(彼の名前はそのリストに載っていなかった)

否定文を作りたいときは、「be動詞+not+過去分詞」という形になります。

疑問文

  • Was this bag made in China? (このバックは中国で作られましたか?)

受動態のYES/NO疑問文は、be動詞を先頭に持ってきて、「be動詞+主語+過去分詞」という形になります。また、助動詞があるときは助動詞を先頭にもってきて「助動詞+主語+be動詞+過去分詞」になります。

  •  Who was invited to the school festival?(誰が学校祭に招待されましたか?)
  •  When was this building built?(いつこの建物は建てられましたか?)

疑問詞を使った疑問は、まず先頭に疑問詞がきます。①のように「誰が〜されるのですか」と主語を尋ねたい場合は、「疑問詞+be動詞+過去分詞」という形になります。一方で、「いつ」「どこで」などを尋ねたいときは、②のように「疑問詞+be動詞+主語+過去分詞」になります。

語順に注意する受動態

give型動詞とbuy型動詞の2種類を覚えていますか?《文型》という単元で習いましたね。例えば下の例文は「sent」というgive型動詞を用いた受動態です。

  • ① Jim was sent a Christmas card by Mary.(ジムはメアリーからクリスマスカードを送られた)
  • ② A Christmas card was sent to Jim by Mary.(クリスマスカードがメアリーによってジムに送られた)

まず①ではジムが主語になっていて、そのあとに「送られた」という動詞がきて、「クリスマスカードを」「メアリーによって」と2つの目的語が続きます。つまりSVOOの文になります。①は送られた「相手」が主語になっていますが、②では「送られた物」が主語になっています。この場合、誰に送られたのかという「送られた相手」(目的語)を表す時に、前置詞の「to」を用います。

一方で、buy型動詞の場合は、「to」ではなく「for」という前置詞を用います

  • This book was bought for me by him. (この本は彼が私のために買ってくれた)

群動詞

群動詞とは、「動詞+前置詞(副詞)」というように複数の単語を1つの動詞と考えます。

  • The cat was taken care of by my mother.(猫は母によって世話をされている)

以下は、頻出の群動詞の例です。

  • take care of (世話をする)
  • speak to(話しかける)
  • carry out(実行する)
  • look forward to(楽しみにする)

say, believeなどの受動態

  • They say that he is a famous singer.(彼は有名な歌手だそうだ)
  • It is said that he is a famous singer.(彼は有名な歌手だと言われている)
  • He is said to be a famous singer.(彼は有名な歌手だと言われている)

上の3つの例文は全部同じ意味ですが、主語を変えることで3通りの言い換えができます。say以外にもbelieve, expect, know, thinkなど「言う」「思う・考える」などの動詞は、目的語のthat節を伴う場合、「It is said that〜」「主語+be動詞+said to動詞の原形」という形に変えることができます。この場合の「it」は仮主語で、真主語は「that節」になります。

getを使った受動態

  • My glasses got broken while I was playing basketball.(バスケをしている間に、メガネが壊れた)

受動態は「be動詞+過去分詞」とお伝えしましたが、be動詞の代わりに「get」を使うことも可能です。「get」を使う場合は、「〜になった」というように変化があるときのみに使われます。例えば「got dressed (素早く着替えた)」「got lost(迷子になった)」などです。

受動態の慣用表現

  • The mountain is covered with snow.(山は雪で覆われている)

「be covered with〜」は「〜で覆われている」という慣用表現です。その他の慣用表現も下にまとめたので、ここで覚えておきましょう。

  • Be killed in〜(亡くなる)
  • Be known to〜(〜に知られている)
  • Be filled with〜(〜で満たされている・〜でいっぱいである)
  • Be injured in 〜(〜で怪我をする)

心理状態を表す受動態

感情や心理状態を表す動詞(例えば、shock, surprise, exciteなど)は、他動詞です。(他動詞とは、「〜な気持ちにさせる」という意味になります)では、「私はその知らせにショックを受けた」というように、「ショックを与えられた側=私」を主語にする場合は、受動態を用いることになります。例文で詳しく見てみましょう。

  • I was shocked by the news.(私はその知らせにショックを受けた)
  • I was surprised at the news.(私はその知らせに驚いた)

このように、「〜な気持ちにさせられる」という受け身の表現になるので受動態の文章が使われます。

演習問題

coming soon…

最後に

いかがでしたか?今回は新しく、「〜される側」が主語になる受動態を習いました。

基本の文法はもちろん、群動詞や慣用表現もここでしっかりと暗記すると、あとあと楽ですよ。

またSVOOの文型、give型動詞とbuy型動詞をイマイチ覚えていなかったかたは、こちらの記事へ戻って復習してみてくださいね。

続きは、こちらから。

おすすめ記事

参考