英文法を基本から!不定詞における基本の3用法と「意味上の主語」についてわかりやすく解説します!

今回は「to不定詞」について勉強していきましょう。

不定詞には主に3つの用法があります。「名詞的用法」「形容詞的用法」「副詞的用法」です。

さらに今回は、「SVO+to不定詞」と「不定詞の意味上の主語」「不定詞の否定」「使役・知覚動詞を使った表現」もみていきます。

3つの用法

名詞的用法

不定詞の名詞的用法は、不定詞を中心として語句が補語・主語・目的語になることです。

例えば下記の例文の赤文字に注目してください。

  • ①My dream is to climb the mountain.
  • To speak English is difficult.
  • ③He needs to see a dentist.

まず①の赤文字は、「私の夢は何か?」ということに対して続く不定詞なので、「山を登ることだ」というように補語の役割になっています。②の赤文字は「英語を話すことは」というように主語の役割になっています。③は「He needs=彼は必要がある」とあり、では一体「彼は何をする必要があるのか」を詳しく言うために、不定詞を続けて「医者に診てもらう」という目的語の役割を果たしています。

  • ④It is useful to have a driver’s licence.(運転免許証を持っていると便利だ)

この文章は、形式主語のitを使っています。つまりitは仮の主語であり、本当の主語は「to have a driver’s licence」になります。

形容詞的用法

不定詞が直前の名詞を修飾する役割があります。例えば、

  • I don’t have a key to unlock this door.(私はこのドアを開けるための鍵を持っていません)

という例文は、「to unlock this door」が直前の名詞「a key」を修飾してします。もしここで、I don’t have a key. だけでしたら、「私は鍵を持っていない」という意味になり、一体その鍵はどんな鍵なのか詳しいことが分かりませんよね。「ドアを開けるための鍵」とより詳しい鍵の説明をしたいときに、このように不定詞を使うことができるんです。

  • ①I’m looking for someone to help me.(私を助けてくれる人を探しています)
  • ②He has a lot of works to finish until tonight.(彼は今夜までに終わらなければならない仕事がたくさんある)
  • ③Do you have anything to write with?(何か書くものを持っていますか)

まず①の文章は、赤文字のto help meが、直前の名詞someoneを修飾しています。「私は誰かを探している」というその「誰か」についてより詳しく説明しているのです。②は、to finish until tonightが直前の名詞worksを修飾しています。「たくさんの仕事」がどういう仕事なのかというと、「今夜までに終わらなければならない仕事」という意味になります。③は、to write withが直前の名詞anythingを修飾しています。この場合は、anythingは前置詞withの目的語の働きをしています。

  • ④I was surprised at my brother’s decision to study abroad.(私は兄が留学するという決心に驚いた)

上記の例文では、不定詞の直前にあるmy brother’s decision(兄の決心)がどういう決心なのかを、to study abroad(留学する)という不定詞が説明しています。このように、不定詞が直前の名詞の具体的な内容を説明することがあります。

副詞的用法

名詞以外の語句や文を修飾することを「副詞的用法」と言います。

  • ①She is working hard to buy a new dress.(彼女は新しいドレスを買うために一生懸命働いている)

この例文は「なぜ彼女が一生懸命働いているのか」という「目的」を表すために、to buy a new dress(新しいドレスを買うため)という不定詞が使われています。「目的」を表す不定詞は、「in order to」「so as to」という語句もあり、She is working hard in order to buy a new dress.とすることもできます。

  • ②They came home to find that the door was broken.(彼らが帰宅するとドアが壊れていることが分かった)

この例文では「結果」を表しています。They came home(彼らが帰宅した)後に、the door was broken(ドアが壊れている)という結果が分かったという意味です。このように「結果」を表す不定詞は、主節の内容から予想しにくい、思いがけない結果を表すことが多いです。

  • ③They separated, never to see each other again.(彼らは別れ、再会することは二度となかった)
  • ④We ran to the store, only to find it closed.(私たちは店まで走ったが、閉まっていることがわかっただけだった)

また、結果を表す不定詞の前にneverを入れて、「〜, never to不定詞」という形にすると「〜、そして二度と…しなかった」という意味を表すことができます。③がその例文です。一方で④の文章は「〜, only to 不定詞」という形で「〜、しかし結局…しただけのことだった」という意味になります。

  • ⑤I’m very happy to meet you.(あなたにお会いできてとても嬉しいです)

不定詞は感情を表す形容詞や同市を結びつき、「感情の原因」を表すことができます。この場合、なぜhappy(嬉しい気持ち)になったのかという原因が、to meet you(あなたに会えて)という不定詞で説明されています。

  • ⑥You were careless to make such a mistake.(そんな間違いをするなんて、君は不注意だね)
  • ⑦It is kind of you to help me.(手伝ってくださるなんてご親切ですね)

続いて「判断の根拠」を表す不定詞の役割を見ていきましょう。⑥は人物評価を表す形容詞carelessを直後から不定詞to make such a mistakeを修飾しています。なぜcarelessなのかというと、そんな間違いをするから、といように判断の根拠を表しています。⑦の例文は「It is +形容詞+of+人+to不定詞」という形で「〜するとは(人)は…だ」という意味になります。

SVO+to不定詞

  • ①I want you to be more kind.(私はあなたにもっと親切になってほしい)
  • ②My mother told me to eat more vegetables.(母が私にもっと野菜を食べるように言った)
  • ③My father allowed me to study abroad.(父は私が留学することを許した)

まず①の例文では、「want+O+to不定詞」という形で「Oに〜してほしい」という「希望」を表す文を示しています。②の例文では、「tell+O+to不定詞」の形で「Oに〜するように言う」という「命令・依頼」を表しています。他にも「advise(〜するように忠告する)」「ask(〜するように頼む)」「warn(〜するように警告する)」などの動詞も使えます。③の例文では「allow+O+to不定詞」で「Oが〜するのを許す」という意味になっています。つまり「Oに〜させる」というように相手が何かを実行することを表しています。他にも「cause(〜させる)」「compel(無理やり〜させる)」「enable(〜することを許す)」「get(〜してもらう)」などの動詞も使えます。

意味上の主語と否定語の位置

  • ①She went to the airport to meet her friends.(彼女は友達を出迎えるために空港に行った)
  • ②It is difficult to find a good job.(よい仕事を見つけることは難しい)

まず①の例文では、「友達を出迎える」のは「彼女」なので、「彼女は空港に行った」という文の主語と不定詞の意味上の主語は一致しています。この場合は、意味上の主語は示す必要はありません。同じく②でも、意味上の主語は示されていません。なぜなら「よい仕事を見つける」のは一般的に誰にもあてはまることなので、主語を特定する必要はないからです。

  • ③It is necessary for her to take a medicine.(彼女にとって薬を飲むことは必要だ。/彼女は薬を飲む必要がある。)

一方で、意味上の主語を示す文章は上記のようなときです。「薬を飲む必要がある」のは、誰でもいいわけではなく、「彼女」です。ですので、「for〜+to不定詞」の形にして、forのあとには名詞や目的格の代名詞を置きます。ここで注意ポイントがあります。「It is 形容詞+of+人+to不定詞」という形をさきほど見ましたが、「of」と「for」の使い分けは、人物評価をしているかしていないかです。例えば、kind, careless, lazyなど人の性質や性格を表すときは「of」を使い、「of」のあとに「人」を持ってくるのがルールです。

  • ④She promised not to eat sweets anymore.(彼女はもうこれ以上甘いものを食べないと約束した。)

最後に否定の副詞の位置を見ていきましょう。④の例文では、「これ以上甘いもの食べない」ということを約束したので、否定語notはto不定詞の直前に置かれます。

演習問題

coming soon…

最後に

さて、今回は新しく不定詞を習いましたがいかがでしたか?

英語において、不定詞は頻出度がとても高い重要な単元で、ライティングやリーディングでも欠かせません。

to不定詞は必ずtoのあとに動詞の原形が続き、それを使ってさまざまな表現ができるので、是非何度もこの記事を読んで復習してください。

続きは、こちらから。

おすすめ記事

参考