中学受験までの算数のカリキュラムはどうなっている?

中学受験を目指すにあたって、塾に通う人、家庭教師をつける人、自宅で独学で乗り切ろうという人、さまざまな人がいます。

大手の塾では、新4年生になる年の2月からが本格的な中学受験に向けてのカリキュラムを組まれていることがほとんどです。

では実際に受験までにどのような学習が必要になるのかということをこの記事でご紹介したいと思います。

大手塾でのカリキュラム

塾によって多少のカリキュラムの順番が違うなどの差はありますが、全体的な流れとしては以下のようになっています。

カリキュラムを簡単にまとめるとこのような流れになります。もっと細かく分類していくと、集合算、投票算、いもづる算などもありますが、省略しております。

上のカリキュラムの内容を見ていただけるとおわかりかと思いますが、「小学校で扱う内容」及び「受験に必要な単元の基本」については、ほぼ4年生の間に先取りして終了しています。その他、「小学校では扱わないが中学受験で出題される範囲」の内容について4年生から5年生の2年間で終了し、6年生になると新出単元はほとんどありません。6年生の間は、4年生から5年生までに学習した内容についてをすべて復習しつつ、受験に向けてさらにレベルアップした問題に取り組み、過去の入試問題を演習していくような流れになっています。

このようなカリキュラムが算数以外の教科でも同様にして組まれているため、大手塾に途中から入塾した場合に「未学習の単元」が出てきてしまう可能性があります。例えば5年生の途中から入塾した場合に、割合の内容をほとんど学習できていないのにいきなり比を使った解法を習ってくる、というようなことがあり得てしまいます。

しかし、中学受験をしようと思い立ったときにはすでに5年生、6年生になっていた、という人も少なからず毎年います。そのような場合にはどのようにして取り組むべきでしょうか。

もし大手塾に途中から入塾した場合

もし大手塾に入って、すでに進んでしまっているカリキュラムに従って進んでいくのであれば、まずはその時に習ってきた単元についてしっかりと取り組むべきです。未学習の単元に気を取られ、未学習範囲を独自で補うのを優先してしまっていると、せっかく塾で学習してきた内容の定着が不十分になってしまう可能性があります。定着が不十分になってしまった単元については後々に穴となり、結局またその学習に追われるという悪循環になりやすいです。

しかし、単元の内容によっては、「基礎を学んでいなければ意味がわからない」というものももちろんあります。例えば、分数と小数の計算についてきちんと学習していないのに、入ったらもう割合の授業をしていたというような場合であれば、割合の考え方を学びながら分数と小数の計算方法について学習しておく必要があります。

そのような場合には、例えば塾の質問教室などのシステムがあれば、それを利用しない手はありません。しかし、塾によっては質問教室に来る生徒が多いために、長時間待たされた挙句に聞けたのはたった1問、というようなこともあり得ます。

そうなると別のフォロー体制が必要になります。問題集を買い与えて自分で学習できるのであればそれでもよいでしょうし、おうちの人が教えられることであればおうちの人が教える、もしくは家庭教師や個別指導を併用するといった選択肢があります。いずれにしても、時間や費用面で考えれば負担がかかることは否めません。(仮にスタートが遅くなかったとしても塾の内容についていけてない場合には同じことが言えます。)

どうやってフォローするのが一番良いのかは、塾に入った時期、未学習の内容、質問教室の利用状況、ご家庭の経済面などによって異なります。また、何よりも本人に「頑張ろう」という意識がないと難しいと思います。

その他の選択肢

大手塾に通わずに受験に向かう人ももちろんいます。しかし、ご家庭のバックアップだけで受験に向かうというのは、ごく少数です。どうしても受験情報について足りなくなってしまうため、よほどのことがない限りはおススメできません。もし仮に親御さんが塾や学校の先生をしているなど、ある程度受験に対しての知識があるのであれば尚更、「家庭のフォローだけでは受験は乗り切れない」ということを理解していると思います。

ではどうするかというと、大手塾に通わないのであれば、家庭教師や個別指導塾を活用します。受験を始めた時期や志望校から逆算して、カリキュラムを立ててくれるはずです。ただ、料金や内容は正直言ってピンキリですし、先生と生徒の相性などを考えても、当たり外れがあると思います。信頼できるような先生と巡り合えるとよいですね。

大手塾に通わないとなった場合に、家庭教師でも個別指導でも「教材は何を使って学習するのか」という問題もあります。場合によってはすでに決まった教材を用意されており、有無を言わさずその教材で進められていくこともあります。決まった教材がない場合には、市販教材などを使用して進めていくことになります。

問題集や参考書については、こちらの記事も参考にしていただければと思います。

 

また、上記の記事には書いていないのですが、こちらの朝日小学生新聞の学習シリーズ問題集もおススメです。こちらの問題集は、youtube上に講義動画がアップされているようです。問題集を解き、解説を聞きたい問題については講義動画を探してみるとよいです。

(ライター:桂川)

<関連記事>

【中学受験】算数のオススメ基礎問題集とその使い方

【中学受験】算数の得点力アップのためのおすすめ問題集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です