記憶力アップ!DHAとEPAを含む青魚メニューで受験に勝つ!

受験生の子どもがいるというお母さんなら、「DHA」や「EPA」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか?青魚に多く含まれているこれらの成分は、脳の働きをよくするといわれています。

では、「DHA」や「EPA」は、具体的にどのような働きをするのでしょうか?また、増やすためにはどのような工夫をすればよいのでしょうか?

前回の「ブドウ糖」に続き、食事の面から親御さんが受験生をサポートできることについて今回も紹介します。

DHAとEPAは体内で生産できない成分

DHAやEPAはα-リノレン酸とともに「オメガ3脂肪酸」と呼ばれています。これらの脂肪酸は、必須脂肪酸といわれ、もともと人の体の中にある物質ではないので、食事から摂取する必要があります。

DHAやEPAは脳や神経細胞、また目の網膜などを構成している成分で、これらが不足しすぎると脳や目に影響を及ぼすと考えられています。

このように書くと、なんだか専門的でよくわからないかもしれませんね。具体的に、どのような食材に多く含まれているのか、見ていきましょう。

DHAやEPAを多く含む食材は?

DHAやEPAは、主に魚の脂に含まれており、エゴマや亜麻種子のような植物性油脂に含まれているα-リノレン酸をもとに体内で合成されます。

DHA

DHAは、ブリ、サンマ、イワシ、ハマチ、鰻、キンキ、サバなどに多く含まれています。脳や神経細胞に多く存在しており、脳の働きを活性化する効果があるといわれています。目の網膜や視神経に多く存在し、視神経から脳へ情報伝達をスムーズにする働きをします。その他にも、血栓をできにくくしたり、動脈硬DHA化の予防の効果があるといわれています。

EPA

EPAを多く含む食材は、マグロ、ブリ、サバ、ハマチ、鰻、サンマなどで、血液をサラサラにする効果があるといわれています。脳への血流もよくなり、疲れにくい体をつくることができます。その他にも、悪玉コレステロールの抑制や、中性脂肪をつきにくくし、脳梗塞や高血圧の予防に役立つといわれています。

DHAやEPAの摂取量が減ってきている?

 このように、脳や生活習慣病対策に効果が期待できるDHAやEPAですが、昔に比べてオメガ3脂肪酸の摂取量は減ってきていることが知られています。大きな理由の一つとしては、日本人の食事の欧米化が進み、魚を使った献立がが食卓に並ぶ頻度が少なくなってきていることが挙げられます。

また、そのような食卓の欧米化が進み、魚よりも肉が多く食べられるようになってきた現代では、魚の中でも青魚を特に「魚臭い」と感じている子どもも多く、どちらかというと苦手にしているケースが多いようです。

ですが、せっかく脳の働きを活性化してくれたり、生活習慣病の予防にもなるDHAやEPA、ぜひ受験生の食事にも取り入れたいですよね。そこで、お子さんでも食べやすい青魚メニューを紹介します。

子供にも食べやすい青魚メニュー

青魚が苦手な子どもには、臭いをあまり感じさせないように、味付けを工夫するとよいでしょう。ケチャップやマヨネーズ、カレー粉、味噌などを使って調理すると、さほど臭いを感じないので、驚くほど喜んで食べてくれます。

 青魚を使ったメニュー例としては、

  • ホイル焼き(味噌味のほかに、ピザ風チーズ味など)
  • グラタン(鶏肉の代わりに魚を入れて)
  • かば焼き(甘辛い味付けで、イワシやサンマもおいしく食べられます)

などがあります。ぜひ、お子さんが好む味付けにして魚メニューが食卓に上る頻度を高くしてみてはいかがでしょうか。

DHAやEPAを上手に取り入れるために

最初に書いたように、必須脂肪酸であるDHAとEPAは、食べ物から取り入れる必要があります。ただし、EPAは摂取後体内で増加しますが、DHAには即効性がないので、頻繁に食べ続けておく必要があります。でも、毎日青魚メニューが続くと、お子さんも飽きてしまいますので、紹介したような青魚メニューを定期的に作るようにして、その他の日にはサプリメントを利用するのも一つの方法だと思います。

DHAとEPAは子どものみならず、大人にも健康によい効果が期待できます。ぜひ、積極的にメニューにとり入れていき、お子さんの記憶力アップを、食事の面からサポートしてあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です