【社会・歴史】年表・人物史から歴史をおさえよう!〜福沢諭吉の人物史〜

福沢諭吉は、明治時代の啓蒙家であり、慶應義塾大学の創設者でもあります。また、現行の一万円札に印刷されているのも福沢諭吉です。そのような福沢諭吉について年代ごとにみてきましょう。

天保5年(1834年)誕生

豊前国(現:福岡県東部及び大分県の北西部)中津藩士福沢百助と妻順の第五子として生まれます。2歳の時に父と死別し、母の手一つで育ちます。

安政元年(1854年)長崎へ

蘭学修行のため、中津から長崎に出ます。

安政2年(1855年)適々斎塾に入る

大坂の適々斎塾に入ります。適々斎塾は、蘭学者の緒方洪庵[i]が開いた蘭学塾です。塾生には、福沢諭吉のほか、大村益次郎[ii]、佐野常民、橋本左内[iii]など明治時代に入り活躍する人材を多く排出しました。

安政5年(1858年)江戸へ

藩命で江戸に赴き、蘭学塾を創設します。これがのちの慶應義塾となります。

万延1年(1860年)咸臨丸に乗り込み渡英

福沢諭吉は勝海舟[iv]を館長とする咸臨丸[v]に乗り込み、渡英します。その後数年にわたり、仏英蘭独露葡などを訪れ国情視察と書物を購入し、翻訳などに努めました。その際の記録として、『西航記』『西航手帳』があります。

慶応2年(1866年)『西洋事情』刊行

海外渡航の経験やその際に購入した洋書などをもとに西洋文明について紹介する書を刊行します。3編からなり、初編は慶応2年(1866年)、外編は明治1年(1866年)、2編は明治3年(1870年)の刊行となります。

明治1年(1868年)私塾を慶應義塾と改める

慶應義塾大学

これまでの私塾の名称を慶應義塾と改め、「商工農士の差別なく学問を志す人々にとっての学習の場としました。

明治5年(1872年)『学問のすゝめ』刊行

冒頭で、「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと云へり」と人間平等宣言を記し、「一身独立、一国独立」すべきだと説いた福沢諭吉の名著『学問のすゝめ』の初版を刊行します。この本は大ベストセラーとなり、第17編(明治9年(1876年))まで続くシリーズとなりました。また、本作によって福沢諭吉は啓蒙思想家としての地位を確立していきます。

明治6年(1873年)明六社に参加

明六社明治6年に結成された洋学者らによる日本で初めての結社です。森有礼[vi]の提唱により、津田真道[vii]、西周、中村正直、福沢諭吉ら総勢10名で発足します。毎月2回会合し、研究討論や講演会を行うほか、啓蒙雑誌『明六雑誌[viii]』(1874年3月創刊)の発行などで啓蒙思想を広げるか活動を行いました。

明治8年(1875年)『文明論之概略』刊行

日本の文明の特徴を紐解き、かつての保守的な儒教基づく思想を批判し、西洋思想に触れながら日本の文明はどうあるべきか示した福沢諭吉の著作。

明治18年(1885年)『脱亜論』を唱える

「亜細亜東方の悪友を謝絶する」と唱え、アジア諸国で連帯するのではなく、西洋の文明を積極的に取り入れることを説きました。

明治34年(1901年)死去

脳溢血で死去。

まとめ

【補足】紙幣が福沢諭吉に変わったのはいつ?

最初に発行された一万円札は、1958年の聖徳太子が印刷されているものでした。その後1984年に福沢諭吉に変更されました。一番近年で紙幣の改変があったのは2004年でしたが、その際一万円札は現行の福沢諭吉のまま変更されませんでした

2004年で変更になったのは以下の通りです。

・千円札⇨夏目漱石から野口英世

・五千円札⇨新渡戸稲造から樋口一葉

また、2024年には新しいデザインに変わります。

・一万円札⇨福沢諭吉から渋沢栄一

・五千円札⇨樋口一葉から津田梅子

・千円札⇨野口英世から北里柴三郎

天保5年(1834年)

誕生

安政元年(1854年)

長崎へ

安政2年(1855年)

適々斎塾に入る

安政5年(1858年)

江戸へ

万延1年(1860年)

咸臨丸に乗り込み渡英

慶応2年(1866年)

『西洋事情』刊行

明治1年(1868年)

私塾を慶應義塾と改める

明治5年(1872年)

『学問のすゝめ』刊行

明治8年(1875年)

『文明論之概略』刊行

明治18年(1885年)

『脱亜論』を唱える

明治34年(1901年)

死去

【注】

[i] 1810〜63 江戸末期の蘭学者・医者・教育者。備中(岡山県)の人。江戸に出て蘭学を学び,1838年大坂に蘭学塾適々斎塾を開き,青年の教育にあたり,大村益次郎・福沢諭吉など有為な人材を輩出した。わが国最初の病理学の編著『病学通論』を出し,牛痘接種の普及につとめ,西洋医学所(医学所の前身)頭取となった。(旺文社『日本史事典』)

[ii] 1824〜69 幕末・維新期の兵学者。近代軍制の創始者。長州藩出身。緒方洪庵に蘭学を学び医学・兵学を修める。長州藩の軍制改革を指導。第2次長州征討・戊辰 (ぼしん) 戦争の際,その作戦指導にあたった。1869年新政府の兵部大輔となり,武士団の解体と徴兵制の実施を説き,反対派士族に襲われて負傷し,死んだ。(旺文社『日本史事典』)

[iii] 1834〜59 幕末の志士。福井藩士。号は景岳。藩医の家に生まれ,大坂で緒方洪庵に医学・蘭学を学ぶ。将軍継嗣問題がおこると,藩主松平慶永 (よしなが) の命によって,一橋(徳川)慶喜 (よしのぶ) を立てるため京都で運動した。統一国家の樹立や日露提携論を唱えるなど,若年にして名声を得た。1858年安政の大獄で捕らえられ,江戸小塚原で刑死。(旺文社『日本史事典』)

[iv] 1823〜99 幕末・維新期の政治家。名は安芳 (やすよし) ,海舟は号。江戸の人で,蘭学を修め,佐久間象山に砲術を学ぶ。長崎の海軍伝習所に入り,1860年幕府の遣米使節を乗せた咸臨丸 (かんりんまる) の艦長として太平洋横断に成功。軍艦奉行・陸軍総裁を歴任し,戊辰 (ぼしん) 戦争では旧幕府側を恭順 (きようじゆん) に導き,西郷隆盛と交渉して江戸無血開城を実現した。明治新政府では,参議・海軍卿・枢密院顧問官などを歴任。著書に財政経済資料を集めた『吹塵 (すいじん) 録』など多数。(旺文社『日本史事典』)

[v] 江戸幕府がオランダに注文して建造した日本最初の蒸気軍艦。安政四年(一八五七)八月長崎に到着、翌年江戸に回航され、万延元年(一八六〇)日米条約批准交換の際、木村摂津守を提督、勝安房守を艦長として日本最初の太平洋横断を果たした。のち文久元年(一八六一)小笠原諸島開拓の任務につき、明治元年(一八六八)榎本武揚の幕府艦隊品川脱出に従ったが、荒天のため清水港に避難し官軍に捕獲された。原名ヤパン号。全長一六三フィート、幅二四フィート、深さ一二・五フィート、備砲一二門、機関一〇〇馬力、スクリュー推進、帆装は三檣バーク、また、排水量は諸説あるが六二五トン程度と推定される。(『日本国語大辞典』)

[vi] 1847〜89 明治前期の政治家。近代教育制度の基礎を確立した。薩摩藩出身。藩命でイギリス・アメリカに留学し,帰国後,新政府に出仕し学校取調掛・清国公使・イギリス公使などを歴任。1873年明六社を設立し,啓蒙活動に力を注いだ。’85年には第1次伊藤博文内閣の文相となり,ドイツの教育思想を背景に学校令を制定し,国家主義的教育制度の確立をはかったが,欧化主義者とみなされ国粋主義者の反感をうけ,’89年2月11日,憲法発布の日の朝襲撃をうけ,翌日死去。(旺文社『日本史事典』)

[vii] 1829〜1903 明治時代の法学者・啓蒙思想家。美作 (みまさか) (岡山県)津山藩出身。箕作阮甫 (みつくりげんぽ) に蘭学を学び,蕃書調所教官となる。1862年幕命により,西周 (にしあまね) らとオランダに留学。明治新政府では,司法省・元老院などにつとめ,新律綱領などの編纂にあたった。また明六社創立に加わり,啓蒙思想家としても活躍した。(旺文社『日本史事典』)

[viii] 明治初期,明六社から発行された総合的啓蒙雑誌(1874〜75)森有礼・西周 (にしあまね) ・中村正直・福沢諭吉ら明六社同人の機関誌。政治・経済・法律・宗教・教育・風俗などあらゆる分野に論陣をはり,啓蒙思想の紹介・宣伝に貢献した。翌1875年新聞紙条例・讒謗律 (ざんぼうりつ) の発布により言論の自由が制限されたのを契機に43号で廃刊となった。(旺文社『日本史事典』)

おすすめ記事

参考