英文法を基本から!原級と比較と最上級のさまざまな表現について【詳しい例文付き】

今回は前回習った「比較」の応用編です。

原級・比較級・最上級を用いたさまざまな表現や、慣用表現を見ていきます。

原級を用いた表現

まずは原級を用いたさまざまな表現です。

ここでは「not so much A as B」「as…as ever/as…as any」「as many/ as much+数詞」の3つの表現方法を覚えましょう。

  • ①The drama was not so much a tragedy as a comedy.
    (そのドラマは悲劇というよりむしろ喜劇でした)
  • ②She looks as cheerful as ever.
    (彼女は相変わらず元気そうだ)
  • ③He is as honest as any man I know.
    (彼はきわめて正直な男だ)
  • As many as fifty thousand birds spend the winter here.
    (5万羽もの鳥がここで冬を越す)

上記の①の例文では「not so much A as B」という表現で、「AというよりはむしろB」という意味になります。これは「B rather than A」「more B than A」という比較級を用いた表現でも書き換えが可能です。

次に②の例文では、「as…as ever」で「相変わらず…」という意味になります。

③の例文のように「as … as any+単数形の名詞」という形は、「きわめて…」という意味を表します。

最後に④の例文で用いられている「as many +数詞」は数や量がかなり多いことを表すときに用います。

比較級を用いた表現

続いて比較級を用いたさまざまな表現を見ていきましょう。

  • ①We chose the smaller of the two puppies.
    (私たちは2匹の子犬のうち、小さい方を選んだ)
  • ②The tree is growing taller and taller.
    (その気はますます高く伸びている)
  • ③It’s becoming more and more important to understand English.
    (英語がわかるということがますます重要になってくる)
  • ④The more I study, the more I know.
    (学べば学ぶほど、それだけ知識が増える)
  • ⑤We respect him all the more for his honesty.
    (彼は正直なので、私たちはよりいっそう彼のことを尊敬している)

まず例文①では「the+比較級+of the two〜」という形を使い、「2つのうちでより…」という意味を表しています。

この場合は2匹の子犬を比べているので「of the two〜」になるが、3つ以上のものを比べる場合は「最上級+of the three〜」のように最上級の表現を用います。

②の例文では「ますます高く」というように、木がしだいに伸びていくことを表現したいので「比較級and比較級」を用います。

②では「tall(高い)」を比較級にしていますが、more型の場合は③のように「more and more+原級」という形になります。

次に④の例文を見てみましょう。「the+比較級+SV…, the +比較級+SV〜」で「…すればするほど、ますます〜」という意味になります。学ぶにつれて知識が増えるというように、「学ぶこと」と「知識量」の比例の関係を表しています。

比較級のところは、もちろんmore以外も当てはまります。

例えば、「私の犬は年をとればとるほど、ますます太っていく」というように「年をとること」と「太ること」の比例関係を表したいときは、「The older my dog gets, the fatter he gets.」というように「older」「fatter」を用います。

最後に「all the +比較級」の表現をみてみましょう。

⑤では「彼が正直である」という理由によって、私たちが抱いている「彼に対する敬意」がよりいっそう増していることを表しています。その場合は「all the +比較級」で「それだけ…、ますます…」という意味の文を作ることができます。

⑤の場合は「for +名詞句」になっていますが、becauseを使いたい場合は後ろに節を置きます。

  • ①His behavior was more foolish than rude.
    (彼の行為は無礼というよりむしろ愚かだった)
  • ②He can’t write a simple report, much less a novel.
    (彼は簡単な報告書も書けないのだから、ましてや小説などとうてい書けるはずもない)
  • ③Humans are superior to gorillas in intelligence.
    (人間は知能の点でゴリラよりも優れている)
  • ④I prefer playing sports to watching them.
    (私はスポーツをするより見るほうが好きだ)
  • The younger generation is not afraid of computers.
    (若い世代の人たちはコンピューターを嫌がらない)
  • ⑥Our guess was more or less correct.
    (私たちの推測は多かれすくなかれ正しかった)
  • Sooner or later you will find a good solution.
    (遅かれ早かれ、よい解決策が見つかるよ)
  • ⑧I know better than go to sailing without a life jacket.
    (私は救命胴衣も着けずにヨットに乗るような愚か者ではないよ)

引き続き比較級を用いた表現を見ていきましょう。

①の例文では「AというよりはむしろB」という意味の「more B than A」が使われています。AとBに形容詞が入る場合でも「-er」をつけるのではなく、この場合は「原級」を用いることがルールです。

②では「なおさら…でない、まして…でない」という意味の「much less」が使われています。

③と④の例文は、thanではなくtoを使う表現です。

下記の表にtoを用いる表現方法を記したので覚えておきましょう。

Superior to

〜より優れた

Inferior to

〜より劣った

Senior to

〜より年上の

Junior to

〜より年下の

続いての⑤の例文は「具体的な比較対象を持たない比較級(絶対比較級)」です。

他にも「the upper class(上流階級)」「higher education(高等教育)」「the lower animals(下等動物)」などがあります。

次にnoを使った比較表現を見ていきましょう。

  • ①The video camera is no bigger than my hand.
    (そのビデオカメラは私の手と同じくらいの大きさしかない)
  • ②Sleeping is too much is no more healthy than eating too much.
    (寝過ぎは食べ過ぎと同じように健康によくない)

「同じ程度にしか…でない」というように比べている性質にあまり差がない場合は「no+比較級+than」を用います。①では「ビデオカメラ」と「手」の「大きさ」を比べているので「bigger」という比較級が入ります。

②では「寝過ぎ」も「食べ過ぎ」も両方とも良くないという、ともに否定をしています。

一方で、両方を肯定したい場合は「no less…than〜」を用います。

  • ③He paid me no more than 3,000 yen for the work.
    (彼はその仕事に対して、私に3000円しか払ってくれなかった)
  • ④There were not more than twenty people in the theater.
    (その劇場にはせいぜい20人しか人がいなかった)

続いては「no more than」と「not more than」と似ている表現を取り扱います。多くの人が混同してしまうのですが、「no more than」は「〜だけ、〜しか」というように数量が少ないことを表しています。

一方で「not more than」は「〜よりも多くない、せいぜい〜」といように数量の上限を表します。

  • She paid no less than 30,000 yen for the work.
    (彼女はその仕事に対して、私に30000円も払ってくれた)
  • The cost will be not less than 20,000 yen.
    (その費用は、少なくとも20000円になるでしょう)

「no less than」と「not less than」も間違いやすいので注意してください。

「no less than」は「〜ほども多く」という意味で数量が多いことを表します。一方で「not less than」は「少なくとも〜」という意味で、数量の下限を表します。

最上級を用いた表現

最後に最上級を用いたさまざま表現を見ていきましょう。

  • ①I feel happiest when I’m with my friends.
  • The bravest people sometimes feel afraid.
    (どんな勇気の人でも、時には恐れを感じる)
  • ③It will take at most ten minutes to get there.
    (そこに着くまでせいぜい10分しかかからないだろう)
  • ④It will take at least three hours to get there.
    (そこに着くまで少なくとも3時間はかかるだろう)
  • ⑤People are at their best when they are under pressure.
    (人々はプレッシャーの下にあるとき、もっとも力を発揮する)

最上級の際は「the+最上級」という形がルールでしたが、比較対象がほかの人や物ではない場合は「the」をつけることはありません。

例えば①では自分自身の中での比較なので「the」をつけません。

②では主語に形容詞の最上級がついています。この場合は「もっとも…な〜でさえ、どんなに…な〜でさえ」という意味になります。

③で用いられている「at most」は「最大でも〜」という意味で、④で用いられている「at least」は「最小でも〜」という意味になります。

⑤は「at one’s best」という表現で何かが最高の状態にあることを表しています。「at best」は少し否定的な意味合いを含み「最高の状態でも、せいぜい〜な程度」という意味になります。

一方で「at worst」は「いくら悪くても」という意味です。

最後に

いかがでしたか?今回は比較の応用編として、さまざまな表現を見てきました。

似ている表現もあり混乱しやすい単元でもあります。しっかりここで覚えてから、次へ進むようにしましょう。

【参考文献】
石黒昭博, 2016, 「総合英語Forest」桐原書店

おすすめ記事

参考