英文法を基本から!過去形でも現在形でもない、「完了形」を表現する方法

今回は完了形」について学びます。

完了形」は「過去形」でも「現在形」でもありません。「過去から今まで」という時間軸を意識する時に用いる文法です。

「完了形」には「現在完了形」と「過去完了形」の2種類あります。(未来完了形もありますが、ここでは割愛します)

使い方としては、「完了・結果」「経験」「継続」の3種類に分類されるので、1つ1つ丁寧にみていきましょう。 

現在完了形

まず「現在完了形」は、《have(has)+過去分詞》という形になります。

以下の例文を見ながら確認していきましょう。 

  1. have known him since we were children.子どもの頃から私は彼と知り合いだ)
  2. She has not been fine since last night.昨夜から彼女は元気じゃない)
  3. Have you been here since last night?昨夜からあなたはここにいるの?) 

「現在完了形」は、過去の出来事とつなげて、「今の状況」を説明することが重要になります。

ですので①では、「私たちが子どもの頃」という「過去」から、「今」までずっと知り合いである、ということを意味しているのです。②では、「昨夜」という「過去」から、「今」までずっと元気がない、という状況を表しています。この「have(has)」は助動詞の役割を担っているので、否定文(②)では「haven’t[have not]」に、疑問文(③)では「have(has)」を文頭に持って行きます。 

「過去形」との違い 

  1. My father gave up alcohol two months ago.私の父は2ヶ月にお酒をやめた) 
  2. My father has given up alcohol.私の父はお酒をやめている) 

上記の例文では①が「過去形」、②が「現在完了形」の文章です。

まず①の「過去形」では、「2ヶ月前」という過去の1点で起こった出来事の説明になっています。今とは切り離した過去のことを言っているので、「今は飲んでいるのかどうか」が分かりません。

②の「現在完了形」では、「過去」だけでなく「今どういう状況にあるのか」ということまで説明ができます。つまり、「前まではお酒を飲んでいたけれど、今はもうやめているです」ということを相手に伝えることができるのです。 

 「完了・結果」を表す現在完了形 

  1. I have already finished my homework.私はもう宿題をやり終えている)
  2. Hhas just spent all his money.彼はちょうどお金を全部使ってしまったところだ) 

 「完了・結果」はその言葉通り、「やっていたことを完了し、その結果、今どういう状況か」を示すことができます。

①の例文は、「宿題が終わって、その結果、今は暇だ」、②の例文は「昼食を食べ終え、その結果、今はお金がない」というような含みを持っています。

「完了・結果」で主に使う副詞の一覧が下の表⑴なので、しっかり覚えておきましょう。 

[表⑴ 「完了・結果」の副詞]

Already(すでに)

just(ちょうど)

now(たった今)

yet(否定文:まだ〜ない /疑問文:もう〜したか)

「経験」を表す現在完了形 

  1. have visited Paris three times.私は3回、パリを訪れたことがある) 
  2. Have you ever seen Mt.Fuji?(今までに富士山を見たことがある?) 

 続いてはある行為を今までに何回したかという「経験」を尋ねる用法です。

①では「パリを訪れた」という「経験」が3回あり、②では「富士山を見たことがあるか」という「経験」を尋ねています。

この用法では、表⑵のような、回数や頻度を表す副詞を使います。 

[表⑵ 「経験」の副詞 ]

Before(以前に)

often(しばしば)

once一度

many times(何回も)

never(一度も〜ない)

ever(今までに) 

「継続」を表す現在完了形 

  1. They have lived in this town since 1900.(彼らはこの街に1900年から住んでいる)
  2. have painted this pictures for 5 years.私はこの絵を5年も描いている) 

 ある状況が過去の1点から現在まで続いていることを表す用法が「継続」です。

①の例文では、「この街に住んでいる」という状態から、「1900年から現在まで」ずっと続いていることを意味しています。

ここで注意したいポイントは、「for」と「since」の使い分けです。 

  • 「for」:期間を表す。「1年」「2ヶ月」など。
  • 「since」:時の1点(起点)を表す。「昨日」「先月」「1989年」など。

現在完了形と副詞 

現在完了形は、今の状況を述べる表現なので、「last night(昨夜)」のように、過去を表す表現と共に使うことができません。 

[表⑶ 現在完了形と共に使えない表現]

Yesterday(昨日)

last night[week/month/year](昨夜/先週/先月/昨年)

then(そのとき)

just now(つい先ほど)

…ago(…)

when I was…(私がだった時)

When…?(いつ)

in 1998(1998年に)

現在完了進行形

  • have been doing this puzzle for an hour.私は1時間このパズルをやり続けている) 

「(今まで)ずっと〜し続けている」という動作の継続を表したいときは「現在完了進行形」を用います。《have[has] been + 〜ing》という形になります。 

過去完了形 

過去完了形」は《had+過去分詞》という形になり、「過去のある時点」と「その時以前」をつなげた状況を表します。

例文を見ながら確認しましょう。 

  • Hhad run away when the police arrived.
    警察が駆けつけた時には、すでに彼は逃げ去っていた) 

「過去のある時点=警察が駆けつけた時」で、それ以前にすでにもう「逃げ去っていた」ということを意味しています。分かりやすく理解するために、「過去のある時点」より前のことを「大過去」と言うようにします。

そうすると、「過去から現在」を説明するのが「現在完了形」で、「大過去から過去」を説明するのが「過去完了形」ということになります。 

「完了・結果」を表す過去完了形 

  • The game had already begun when we arrived at the stadium.
    私たちが競技場に着いた時にはすでに試合は始まっていた) 

この例文では、「競技場に着いた」という過去の1点に視点が置かれています。そしてその過去より以前の「大過去」で「試合は始まっていた」という状況です。つまり、「着いた以前に試合が始まっていた」という結果を表しているので、これは「完了・結果」の用法になります。 

「経験」を表す過去完了形 

  • I had never visited foreign country before I entered college.
    私は大学に入るまで、一度も外国に行ったことがなかった) 

この例文では「大学に入学した」という過去の1点に視点が置かれ、それ以前を振り返り、「外国に行ったことがない」という「経験」を表しています。過去より以前のことを表しているので「過去完了形」を用います。 

「継続」を表す過去完了形 

  • We had known each other for ten years when we got married.
    私たちが結婚した時、私たちが知り合って10年が経っていた) 

この例文では、「結婚した」という過去の1点に視点が置かれ、それ以前を振り返って「どのくらい知り合いだったか」という期間を説明しています。過去よりも以前のことなので、ここでも「継続」の「過去完了形」を用います。 

過去完了進行形 

  • I had been driving for two hours when I found the gas station.
    私がガソリンスタンドを見つけた時、私は2時間ずっと運転していた) 

過去完了進行形は、《had been+〜ing》の形で、「動作の継続」を表します。

この例文では、「ガソリンスタンドを見つけた」という過去の1点に視点が置かれ、それ以前を振り返り、「ガソリンスタンドが見つかるまでずっと運転していた」ということを説明しています。つまり「運転」という「動作の状態」を表しているのです。 

演習問題

coming soon…

最後に

今回は、過去と現在をつなげて考える「現在完了形」と、過去より以前(大過去)と過去をつなげて考える「過去完了形」を学習しました。

  • ①「完了・結果」
  • ②「経験」
  • ③「継続」

の3種類の用法があるというのも理解できましたか?

文法のルールとしては、助動詞である「have/has/had」を用いることと、必ず動詞を過去分詞にすることに気をつけて下さい。

動詞の過去分詞は、この「完了形」だけでなく「受動態」でも沢山用いるので、ぜひ暗記しましょう! 

続きは、こちらから。

おすすめ記事

参考