攻玉社中学に合格するには?入試情報や偏差値をチェック!

(写真出典:Wikipedia)

攻玉社中学・高校について

  • 2012年度から高校募集を停止し、完全中高一貫校となった私立男子校
  • 品川区西五反田に位置し、東急目黒線「不動前駅」より徒歩2分
  • 校訓は「誠意・礼譲・質実剛健」

 

【学校内の特色】

  • いじめが発覚した場合は教職員がちゃんと対応してくれる
  • グラウンドは狭いが、室内プールをはじめ施設は充実している
  • 2016年の卒業生240名のうち現役国公立60名(内、東大18名)など、進学実績がよい

 

入試情報(2017年度)

【入試日程、受験科目、募集定員】

  • 国際学級 1/12(国算または英、面接あり) 男子30名
  • 第1回 2/1(4教科) 男子100名
  • 第2回 2/2(4教科) 男子70名
  • 特別選抜 2/5(国または算) 男子30名

 

【入試の特色】

  • 一般入試の算数は第1回と第2回で似たような問題を出題する
  • 第1回と第2回を同時出願した場合は、受験料の割引がある
  • 合格発表は当日インターネットで確認できる
  • 国際学級及び第1回、第2回入試の上位者を特待生とし、入学金及び1年次の授業料は免除される
  • 第1回、第2回ともに受験している「熱望組」のうち、2回ともあと数点で合格という場合に正規合格とする仕組みがある
  • 合計点で合否を決定、足切りはなし

 

教育における特色

  • 土曜日は午前中授業あり
  • 成績により、生徒を指名して補習を行う
  • 希望者を対象にした特別講習あり
  • 1年間の成績により翌年の授業料免除となる生徒を新たに選考する
  • 高1までは塾いらず、高2以降は志望校によりけりという方針
  • 国際学級は中学3年間はクラス替えなし、高1からは一般学級の生徒と混合になる
  • 一般学級の成績上位者は中3・高1で選抜学級、国際学級の成績上位者は高1で選抜学級となる
  • 高2・高3で文理によってコース編成が変わる

 

偏差値(2017年時点)

  • 首都圏模試 偏差値63~68
  • 日能研 偏差値55~64
  • 四谷大塚 偏差値55~64
  • サピックス 偏差値46~58

攻玉社中の入試偏差値は、2/1に比べると2/2と2/5はかなり高くなります。2/1に男子御三家を受験した生徒が2/2や2/5に攻玉社を受けに来るという場合もあります。母集団が違えば偏差値が異なるのは当然のことですが、特にサピックスから攻玉社中への合格者数は多いようです。2017年は攻玉社中に合格した504名のうち、143名がサピックスからの合格者です。四谷大塚は106名、日能研は86名となっています。(2017年2月末現在)

 

学校HP

攻玉社中学・高校HP

 

(ライター:桂川)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です