【歴史と伝統だけじゃない!攻めの教育を実践、他大学合格も多数】学習院中等科の国語の特徴を徹底解説!分析編その1

学習院中等科は、東京都豊島区目白に所在している男子中学校です。

初等科から大学までを擁しており、皇室とのゆかりも深いことから根強い人気を誇る男子校となっています。

JR目白駅前に広大な敷地を有し、都心でありながら緑豊かな恵まれた環境の中で中等科から大学までを過ごすことができるとあって、のびのびとした学生時代を過ごさせたいという受験生の保護者の方々からの信頼度は絶大です。

学習院中等科の歴史は非常に古く、1847年(弘化4年)、幕末の京都に設けられた公家の教育機関として学問所である「学習院」が開講されたのがはじまりです。ときの孝明天皇から「学習院」の名を正式なものと認められるなど、皇室、旧華族との関係が非常に深い学問所としてスタートしました。

そんな学習院は、明治維新や第一次・第二次世界大戦の荒波を乗り越え、豊かな伝統を守りながら新しい学制に基づき時代の要請に合った姿に自らを変えてきました。

学習院の教育方針の柱は3つ。「ひろい視野」「たくましい創造力」「ゆたかな感受性」です。

異質な他者の個性を認め合い、本当の自分の個性を発見していくこと、文化をはじめとして多様なものに触れて感受性を磨くこと、そして自分から世界に向けて働きかけていくこと。

これらはともすれば「お題目」になってしまいがちなことばかもしれませんが、学習院中等科では自然な形でこうした力を生徒がはぐくめるよう促す教育を行っています。

学習院大学はG-MARCHの一翼を担い、大学受験生からも非常に人気の高い大学です。そこにエスカレーター式に進学できるため、学習院大学に進学する生徒が多いですが、近年は学習院大学にない学部・学科で学ぶため、外部大学への進学を選択する生徒も増加傾向にあります。

たとえば、医学部医学科、薬学部、歯学部などといった医歯薬系への進学者数は年々増えてきており、そうした多様性も認める学習院中等科の懐の深さがうかがい知れます。

今回は、長い伝統を誇りながらも全人格的な教育を発展させ、ますます進化を遂げつつある人気の学習院中等科について、国語の入試出題傾向や対策を徹底解説します。

ぜひ特徴を押さえて、合格に向けた対策をしっかり行っていきましょう。

入試情報

試験時間と満点、合格者最低点

学習院中等科の2021年度入試をもとに、入試結果データを見ていきましょう。学習院中等科の入試は第1回(2月2日)、第2回(2月3日)の2回です。

配点は国語・算数各100点、理科・社会各80点、4教科合計で満点は360点となっています。2021年度第1回入試では4科総合の最高点が312点(86.7%)、合格最低点が248点(68.9%)、合格者平均点は266.7点(74.1%)、受験者平均点は232点(64.4%)でした。国語については、合格者平均点が76.2点(76.2%)、受験者平均点は69点(69%)となっています。

第2回入試では4科総合の最高点が307点(85.3%)、合格者最低点が257点(71.4%)、合格者平均点は269.8点(74.9%)、受験者平均点は231.5点(64.3%)でした。国語については、合格者平均点が69.7点(69.7%)、受験者平均点は61.5点(61.5%)となっています。

これらの結果データから見ると、4教科の合格最低点が第1回で68.9%、第2回で71.4%と、中学入試ではかなりの高得点が必要となることがわかります。安心ラインは70~72%程度ですから、他の中学校に比べても合格に必要となる点数は高めです。

また、国語の合格者平均点も高めとなっており、第1回では実に76.2%。8割近くとらないと合格ラインが見えてこない、なかなか厳しい入試だと言えるでしょう。こうした高得点の背景には、受験生のレベルの高さももちろんですが、他の受験生に「競り負けたら終わり」という、学習院中等科ならではの入試傾向があります。

4教科入試ですから、国語で高得点をたたき出すだけでなく、他教科とのバランスもしっかり考えて、4教科バランスよく得点していくことが何より重要です。

国語は全体的に見て、合格者の得点率は比較的高め。算数は、年によって違いはありますが6割~7割5分前後が合格者平均点となっていることが多いため、偏りなく国語・算数でしっかり得点できることが合否を分けるポイントだと言えるでしょう。

過去問を解く際にも、その回の合格者平均点を意識しながら、結果を検証しておくことが大切です。

問題構成・解答形式

学習院中等科の国語の入試は、例年大問3題の出題が続いています。1題は漢字の書き取り(10問程度)、あとの2題は長文読解問題です。

長文読解問題は、文学的文章から1題、説明的文章から1題出題されることがほとんどとなっています。

長文読解問題に関しては、文学的文章と説明的文章から1題ずつと、バランスよく出題されます。詩などの韻文が出題されることはまずありません。

ただし、出題する文章は必ずしも児童向けの物だけから選ばれているわけではないことには要注意。新聞や雑誌、単行本などの中から一般向け(大人向け)の文章が抜粋されて出題されることも多いので注意が必要です。

そのようなバリエーション豊かな文章が出題されることから、内容を正確に読み取れるかどうかは読書量、あるいは塾で触れた文章などについてどれだけ丁寧に読んできたか、によって左右されます。

したがって、雑な読み方やセオリーを無視した読み方をしていると、文章の内容を把握することは難しく、得点を積み重ねることができなくなるので、日ごろの文章読解への取り組み方が非常にものを言ってくるのです。

知的好奇心・社会的な視野を持つことを重視しているという学習院中等科の教育方針から考えても、社会動静などを簡潔にまとめた新聞記事なども読む習慣をつけることが推奨されています。

設問の傾向ですが、こちらもバランスよく様々な形式の設問が出題されています。記述問題、文章中の空欄を埋める問題(空欄補充問題)、段落分けの問題、文章中から適切な部分を抜き出す問題(書き抜き問題)、記号選択肢問題と、一通り網羅されているため、それぞれにしっかり対応することが重要です。

いずれの設問にも共通しているのは、「文章把握能力」「思考力」。正確に文章の内容を把握して筆者の伝えたいこと(要旨や主題など)を読み取り、かつ自分の頭でしっかり考えて解答を組み立てることが求められています。

そして、長文読解問題にしっかり対応するためには、土台となる語彙力といった基礎力が定着していることが前提条件です。

知識の引き出しを広げておき、あらゆるタイプの設問が出題される学習院中等科の国語の入試に対応できるよう、高い知識レベルをキープすることが合格のためには不可欠だと言えるでしょう。

長文読解では、高度な文章把握能力が求められる

学習院中等科の国語の入試では、例年長文読解問題が2題出題されます。論説文・説明文といった説明的文章から1題、物語文から1題の出題が続いています。年度によっては物語文と随筆が出題されたこともありました。

文章のレベルとしては、受験生が小学生であることを考えると高度な文章が出題される傾向にあります。新聞、雑誌、単行本などから大人が読むような文章を素材文として出題することも多く、全体的に高度な読解能力が要求される出題となっています。

特に重要なのは、文脈を正確に把握し、文章の展開を追うことができるかどうかです。学習院中等科の長文読解では、本文中の空欄に当てはまる語句を選択肢の中から選ばせる設問が頻出です。

こうした問題は、空欄部分だけをながめていても解答することはできません。空欄の前後、場合によっては文章の最初からの流れをしっかり把握できないと正解することは難しいでしょう。

一文ごとの内容把握はもちろんのこと、文と文のつながりを意識して、丁寧に読み進むことが求められます。間違っても集中力を欠いてはその時点で空欄だらけの文章と対峙しなければならなくなるので、最後まで集中して読み切ることも重要です。

また、長文読解の設問として、対象となる表現の書き抜きやことわざなど、文章の内容と直接関係のないものが出題されることも少なくありません。知識問題を落としてしまうと他の受験生に大きく差をつけられてしまうので、知識を整理し、自由自在に使えるようになっておくことも大切です。

一つひとつの設問の難易度自体はそれほど高くはありません。しかし、「差がつく」問題で失点してしまう可能性は十分考えられます。そのため、8割以上といったような高得点を取ることは現実的には難しいでしょう。

とはいえ、おおむね合格者平均点が70~75%程度ですから、得点力を磨いておくことは必須です。

学習院中等科で出題される素材文の内容は、児童向けではなくとも比較的オーソドックスです。

しかし、記述問題や一読しただけで答えがわからないような問題については「難しいかも」という先入観が生まれてしまうのも、中学受験生のよくある心理状態。普段から正確で素早い「読み」を行うことを徹底して意識しなければなりません。

記述問題は頻出。部分点狙いでもいいので空欄を作らない

長文読解問題のレベルが比較的高いことから予測できることではありますが、学習院中等科の国語では記述問題が頻出です。しかも、同じような設問ではなく、記述問題と一口に言ってもバリエーションがあるのが特徴。

年度によって記述問題の出題数は変化しますが、多い年には大問2題で合計6問の記述問題が出題されたこともあります。そのため、記述問題対策は必須だと言えるでしょう。

たとえば、15文字程度の内容説明問題や、50~70字程度の少し長めの記述問題、「2行程度」といったように字数制限が設けられていない記述問題など、出題形式は様々です。

そして、聞かれている内容としては、単なる書き抜きで済むような問題というよりも、登場人物の心情の読み取りといったように、自分のことばで適切に言い換えながら記述する必要がある点で難易度が高めになっています。

こうした記述問題が頻出であることからすると、部分点狙いでもよいので必ず取り組まなければ、大きく差をつけられてしまうでしょう。

自分のことばでの言い換えが必要な記述問題であったとしても、文章中に必ず解答のヒントがあるわけですが、入試独特の雰囲気、知識問題で確実に正答しなければならないというプレッシャーのもとで解答しなければならないため、焦ってしまうと的外れな解答を作ってしまい、大きく失点してしまうことも考えられます。そのため、「差がつく」問題の一つとして、記述対策は必須なのです。

50~60字などといった制限文字数も、記述問題の難易度を上げている要因の一つです。これが100文字以上といった長いものであれば、書くべきことが多いため、要素を一つ取りこぼしたとしても挽回するチャンスはあります。

しかし、50~60字程度という制限文字数は、そうした取りこぼしが絶対に許されない文字数設定です。

そのため、文章中のヒントを一読する際に確実に印をつけるなどして押さえておき、必要な要素をまとめていって制限文字数内に収めることが求められます。

出題者の意図は、必要な要素をすべて過不足なく拾って書くことができれば制限字数に収まるはず、というもの。その点を意識した記述問題対策が必要となります。

漢字の書き取りは確実に得点を

漢字の書き取り問題は例年必ず10問程度出題されますが、学習院中等科では、学年別漢字配当表に載っている漢字のみの出題だとしています。

小学校で学習する漢字の知識は、中学校入学後に展開される知的活動の基礎だと学習院中等科では考えているため、漢字の問題を必ず出題しているのです。

習得した漢字の知識は、語彙力に直結します。そうした語彙という基礎力がなければ、文章の読み書き、つまり読解力や表現力を養うことはできません。

中学校に進学すると大量の文章を読み、内容を把握し、ときには語彙力を駆使して読む相手に伝わるように文章を書くことが求められますから、その基礎となる力として漢字を非常に重視しています。

学習院中等科の国語では、漢字の問題にそれなりの配点が割かれているので、1問でも落とすと大きく差がついてしまいます。全問正解のつもりで漢字練習は日々しっかり行っておくことが重要です。

まとめ

今回は、学習院中等科の国語の入試問題について、出題の特徴を中心に解説しました。特徴をまとめると、以下の通りです。

  • 長文読解問題2題では高度な読解力が要求される
  • 記述問題は頻出、取りこぼすと大きな差がつく
  • ことばの運用能力を見る上で漢字の書き取り重視

学習院中等科の国語では、合格者平均点が70~75%と高めです。したがって、1問でも落としてしまうと他の受験生に大きなアドバンテージを許してしまいかねません。

また、記述問題についても素材文にすべての設問のヒントが隠されているわけですから、読み負けないことも大切です。

決して難解すぎる文章が出題されるわけではありませんが、逆に的外れな読解をしてしまうと、わかっているのに正解できない、という状況に陥ってしまうので注意しなければなりません。どれだけセオリーにしたがって読み進め、着実に設問に答えられるかが合否を分けるのです。

次回は、分析編その2として、学習院中等科の過去の入試問題を取り上げて、実際の入試問題対策のイメージを持っていただきます。ぜひ、参考にしてくださいね。

おすすめ記事

学校情報

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

一橋大学卒。 中学受験では、女子御三家の一角フェリス女学院に合格した実績を持ち、早稲田アカデミーにて長く教育業界に携わる。 得意科目の国語・社会はもちろん、自身の経験を活かした受験生を持つ保護者の心構えについても人気記事を連発。 現在は、高度な分析を必要とする学校別の対策記事を鋭意執筆中。