英文法を基本から!仮定法の未来表現・慣用表現・ていねいな表現について【詳しい例文付き】

今回は、仮定法の応用編です。

前回のおさらいですが、仮定法過去は「過去形だけれども〈今〉の話」で、仮定法過去完了は「過去完了形だけれども〈昔〉の話」になります。

そして今回は「未来のことを表す仮定法」「ifを使わない仮定法」「仮定法を使った慣用表現」「仮定法を使ったていねいな表現」を見ていきます。

未来のことを表す仮定法

  • If you were to win the lottery what would you do?
    (もし宝くじに当たるようなことがあったら、どうしますか)

「if S were+to不定詞」の形を使うと未来の事柄についての仮定を表すことになります。

上記の例文は「もし〜すればするようなことがあれば」というように、ありそうもない未来を表しています。

一方で「仮に〜すれば」というような、実現の可能性の高い仮定は下の例文のようになります。

  • If you were to give her a bunch of roses, she would be pleased.
    (仮に君が彼女にバラの花束を贈ってあげるなら、彼女は喜ぶだろう)

ここで注意してほしいことは、口語では「were」の代わりに「was」が使われることもあるということです。

主語が1人称単数及び3人称単数の時は「was」になります。

  • If he should changes his mind, he would call me.
    (もし彼が考えを変えるようなことがあれば、私に電話をしてくるだろう)

「if S should〜」の形を使うと「実現の可能性が低い」という話し手の判断を表すことになります。まったく不可能なことを表すときにはshouldは使えません。

ここで気を付けてほしいポイントが2点あります。

  • ①If our teacher should find out about your cheating, he will punish you.
    (もし先生があなたのカンニングのことを知ったら、あなたを罰するよ)

1つ目に、主節の助動詞の形がいつも過去形とは限らないという点です

上記の例文では、主節の助動詞は「would」ではなく、「will」になっています。この「if S should〜」の表現の時のみ、助動詞の形に注意をしましょう。

  • ②If you should see John, ask him to call me.
    (もしジョンに会うことがあったら、私に電話するように言っておくれ)

2つ目は、主節が命令文になる場合があるという点です。

これも「if S should〜」の表現に限ったことなので、気を付けましょう。

ifを使わない仮定法

  • Were I you, I would ask her for a date.
    (もし僕が君なら、彼女をデートに誘うけどな)
  • Had we known you were in the hospital, we would have visited you.(もし君が入院していると知っていたら、私たちはお見舞いに行ったのに)
  • Should there be an earthquake, this bookshelf would fall forward.(もし地震が起こるようなことがあれば、この本棚は前に倒れるだろう)

続いては「if」を省略して語順を変える表現を学んでいきます。

仮定法のif 節のifを省略すると、後ろの「主語+動詞」は倒置され、疑問文と同じように「動詞+主語」の語順になります。

例えば①の例文をifを使って表すと、「If I were you, I would ask her for a date.」となります。

しかしifが省略されるので、「I were」が倒置されて、「Were I」になります。

if節に相当する「もし〜なら」の表現

「if節」を用いずに「もし〜なら」という意味を表すことができる5つの表現を見ていきましょう。

but for/without

  • But for dreams, life would have no meaning.
    (夢がなければ、人生には意味がなくなるだろう)(=If it were not for dreams,〜)
  • Without your goal, we would have lost the game.
    (君のゴールがなかったら、試合に負けていただろう)(=If it had not been for your goal,〜)

「but for〜」「without〜」は「〜がなければ・〜がなかったら」という意味を表します。ifを使って書き換えることも可能です。

注意ポイントとして、「but for〜」「without〜」の後には節を置くことができません。

「〜」の位置には①のdreamsや②のyour goalのように名詞的な語句が置かれます。

さらに注意してほしい点は、いつのことを話しているのか(未来のことか過去のことかなど)は、主節の動詞を見て判断することです。

①は「would have」から〈今〉のことを言っているのが分かります。

②では「would have lost」と過去完了になっているので〈昔〉のことを言っていることが分かります。

with

  • With time, this project would succeed.
    (時間があれば、この計画はうまくいったのだ)
  • With your advice, he would not have failed in business.
    (君の忠告があったら、彼は事業に失敗せずに済んだだろうに)

「with〜」は「〜があれば」という意味で、先ほど習った「without〜(〜がなければ)」の逆の意味になります。この表現の場合も、時制の判断は主節の動詞から行います。

①の場合は、主節にwould succeedとあるので〈今〉の話をしています。

②の例文は主節にwould not have failedと過去完了形が用いられているので〈昔〉の話をしています。

otherwise

  • ①I know he is innocent; otherwise I would not try to save him.
    (彼が潔白だと私には分かっている。そうでなければ彼を救おうとはしないだろう)
  • ②We stopped talking; otherwise our teacher would have scolded us.(私たちはしゃべるのをやめた。そうでなければ先生は私たちを叱っただろう)

「otherwise」は「そうでなければ」という意味になり、直前に述べられている事実と反対の仮定を表します。

①をif節に書き換えれば「if I did not know he is innocent(彼が無実だと知らなければ)」となります。

②は「if we hadn’t stopped talking(もししゃべるのをやめなければ)」となります。

to不定詞

  • To hear him talk, you would think he knew all about the secret.
    (彼が話しているのを聞くと、その秘密について何でも知っていると思うことだろう)

「to不定詞」もif節の代わりになります。この文は、if you heard him talk, …と書き換えることが可能です。

主語・副詞句

  • ①A secret agent would never tell you his real name.
    (スパイだったら、本当の名前を言うことはないだろう)
  • ②Two years ago, I would have accepted your proposal.
    (2年前だったら、あなたのプロポーズに応じていたことでしょう)

例文の動詞の形に注目してください。

①はwould…tellと過去形の助動詞が使われているため、仮定法を用いた文だと分かります。したがって主語のA secret agentに「スパイだったら」という仮定の意味が込められています。

②も同様に助動詞の過去形が用いられているため、副詞句のTwo years agoに「2年前だったら」という仮定の意味が込められています。

仮定法の慣用表現

  • If it were not for music, life would be boring.
    (もし音楽がなかったら、人生は退屈だろう)
  • If it had not been for my seat belt, I would have been killed.
    (もしシートベルトをしていなかったら、私は死んでいたところだ)

最初に「もし〜がなければ」という意味の「if it were not for〜」「if it had not been for〜」という慣用表現を見ていきましょう。

①は〈今〉の話なので、現実の事実に反する仮定表現「if it were not for〜」を使います。

②は〈昔〉の話なので、過去の事実に反する仮定表現「if it had not been for〜」を用います。

  • It is time you bought a new bicycle.
    (もう新しい自転車を買ってもいい時期だ)

「It is time+仮定法過去」は「もう〜してもよい頃だ」という意味の慣用表現です。

Timeの前に「high」をつけると「とっくに〜する時間だ」になり、「about」をつけると「そろそろ〜する時間だ」という意味になります。

  • If only she were here!
    (彼女がここにいさえすればなぁ!)
  • If only I had taken her advice!
    (彼女の助言を受け入れてさえいたらなぁ!)

「if only」は「〜でありさえすれば」という意味の慣用表現です。「I wish」とほぼ同じ意味になります。

①は「I wish she were here!」、②は「I wish I had taken her advice!」と書き換えることができます。

仮定法を使ったていねいな表現

  • ①It would be nice if you could help me with my luggage.
    (私の荷物を運ぶのを手伝っていただけると嬉しいのですが)
  • Would it be all right if I sat here?
    (ここに座ってもいいでしょうか)
  • Would you mind if I opened the window?
    (窓を開けてもいいでしょうか)

上記の例文は「would」を使って、依頼や許可を求める表現です。

  • ④I wonder if you could help me.
    (お手伝いいただけないでしょうか)
  • ⑤I was wondering if I could use your phone.
    (電話をお借りしてもよろしいでしょうか)

「I wonder if you can help me」と助動詞の現在形を用いると「助けてくれるかな」という直接的な依頼表現になりますが、

④の例文のように過去形「could」を用いると、少していねいな表現になります。

⑤の例文は「was wondering」と進行形が用いられています。これにより、さらにていねいな表現にすることができます。

「wonder」の他に、「think」「hope」も、同じような表現を使うことができます。以下例文です。

  • Do you think you could help me move this weekend?
    (今週末の、私の引越しを手伝ってもらえませんか)

最後に

いかがでしたか?今回は仮定法のさまざまな応用を習いました。

「未来のことを表す仮定法」「ifを使わない仮定法」「仮定法を使った慣用表現」「仮定法を使ったていねいな表現」それぞれの表現方法をもう一度おさらいしておきましょう。

【参考文献】
石黒昭博, 2016, 「総合英語Forest」桐原書店

おすすめ記事

参考